美浜町議会で中学生が一般質問

 美浜町議会で31日、松洋中学校の3年生が議員となって一般質問を行う子ども議会が開かれた。生徒たちは防災やいじめなど身近な問題に関して質問をぶつけ、森下誠史町長らが本物の本会議同様、中学生議員に対して丁寧に答弁。町内の工事については「(進み具合が)少し遅くないか」と批判を込め、いじめの対応では舌鋒(ぜっぽう)鋭く、具体的な説明を求めて再質問を行う生徒もいた。
 まちづくりに対する中学生の視点からの意見を聞き、生徒たちに地方議会の仕組み、流れを知ってもらうことなどを目的に、美浜町では初めての試み。3年生2クラスの計68人が参加、2回に分けて各クラス16人ずつが議員となり、2人一組で16項目の一般質問が行われた。
 1組の碓井優希君は半年前に取り壊された浜ノ瀬―田井間の西川大橋の架け替え工事を取り上げ、「あの橋がないと、浜ノ瀬から御坊へ行くには遠回りをしなければならず、とても不便です。工事は来年の祭りのころになっても終わらないと聞きましたが、1年半あればスカイツリーだって330㍍は出来ます。少し遅くないですか」と批判を込めて質問。これに対して森下町長は、工事は県が平成22年度から事業化、3年目を迎え、完成予定は25年12月であることを報告。さらに、雨の多い夏場は洪水等の危険を避け、川の形態が変わるような工事は雨の少ない冬場に集中して行う河川土木工事の基本的な進め方を説明し、「ご不便をおかけするが、いましばらくご協力をお願いします」と理解を求めた。
 2組の山田梨乃さんは災害・防災対策に関して、津波からすべての住民が避難できるよう、町内各地に十分な高さの避難所を作ることが必要だと主張。さらにコンビを組んだ望月茉友さんが一時避難場所へのライフジャケットの配備計画、避難タワー等への長時間滞在機能の整備について再質問、再々質問を行った。
 ほか、2組の福田翔君は出口和雄教育長にいじめ問題の対応をただし、「保護者と連携しながら、暴行や恐喝といった実態が分かれば、厳しく対処せざるを得ません」との答弁に、「厳しい対処とはどういうことですか」と具体的な説明を求めて再質問。「犯罪につながる場合は警察や補導センターと連携することになります」との答弁を引き出した。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る