犯罪被害者支援の視点を

 尼崎の事件のせいか、連日、暗いニュースが目につく。現場が同じ和歌山なら体感温度もかなり違うが、ほとんどは縁もゆかりもない土地の出来事。その先に被害者の気持ちをじっくり考えることは少ない。
 地裁判決で元大学生の被告に無期懲役が言い渡された熊本の女児殺害事件。被告はスーパーのトイレで女の子にわいせつな行為のうえ、首を絞めて殺し、遺体を排水路に捨てた。求刑通りの判決に、両親は「できるだけのことはやった」と言葉を絞り出したが、隠しきれぬ怒りと無念は画面、紙面からも痛いほど伝わる。
 法務省が刑務所の民間委託を拡大するという。三食が保障され、職業技能を身につけ、娯楽もある塀の中。「規則正しい生活をする職業訓練校」との揶もあるが、他者をいたわる心を育むため、「盲導犬を飼育する教育を導入するなど民間の発想を取り入れることが受刑者の更生につながる」 という民間委託の考えをみても、更生保護と被害者支援のバランスに疑問をぬぐえない。
 被害者は、刑事裁判で被告が有罪となっても納得できない。その後の民事裁判も時間と金をかけて一からやり直し、当然勝訴しても、賠償金が満額支払われることはほとんどない。ようするに被害者はやられ損、心身ともに重い後遺症に苦しみ、泣き寝入りしているのが実態である。
 国内では一日にざっと6万人が刑務所で作業を行っているが、木彫り民芸品などいくら作っても儲けにならない。この大きな労働力をムダなく民間企業に貢献させ、働いた分の賃金から被害者への賠償金を天引きせよ。ある法学者の主張だが、被害者支援の点からも、民間委託にはこの程度の議論が必要では。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る