根性とひたむきさ魅力

 今季限りでまた1人、球界のスターがユニホームを脱いだ。阪神タイガースの金本知憲外野手(44)。「ジャイアンツ愛」の筆者にとってはこの人ほど嫌な打者はないが、引退となると少し寂しい。
 引退特番を観た。1991年、ドラフト4位で広島東洋カープに入団。当時は肩が強くなく足も速くはない、体重80㌔に満たない華奢(きゃしゃ)なルーキー。「自分は打つしかない」と固く誓い、いち早く筋トレを取り入れた肉体改造に取り組み、その成果でプロ入り4年目にブレークした。通算476本塁打はまさに努力でマークした立派な数字だ。
 1492試合連続フルイニング出場の世界記録保持者で「鉄人」と呼ばれた。若手の時、けがをして「痛い」というと、指導者から「痛いなら帰れ」と強制送還された。以来、「痛い」と口に出さなければけがではないと奮起。フルイニング記録継続中、骨折しても次の日に右手1本で2本のヒット(巨人戦だった…)、さらに右手1本でバックスクリーンへのホームランもあり、ただ記録のためだけに試合に出たのではないところが特筆すべき点だ。
 強打者だが、そのイメージとは逆に併殺打が少ないというのが「嫌な選手」の大きな理由。自身も誇りに思うことと問われれば真っ先にそれを挙げるという。現に1002打席連続無併殺打の日本記録もマーク。凡打してもチームのために全力疾走しなければ、達成できない記録だ。けがに強いだけでなく、どんな時も力を出し切るひたむきな姿勢が、多くの人をひきつけた。「アニキ」の根性論や泥臭い話はこのご時世では古臭いといわれるかもしれないが、終始敵対していた巨人のファンから見てもひかれる部分は多い。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る