日高川で森林の役割考えるシンポジウム

 環境にやさしい木質バイオマスを活用している日高川町が主催の 「地球環境保全における森林の役割を考えるシンポジウム」 が28日、 同町内などで開催され、 県内外から訪れた約300人が身近なエネルギー資源に関心を高めた。
 午前中は、 3年前から木質バイオマスを活用している高津尾地内、 きのくに中津荘のボイラー施設を多くの参加者が見学。 木質パウダーを燃やして温泉を温める仕組みについて東京の㈱バイオマス・プロダクツの篠宮健代表から説明を受けた。 篠宮代表は、 重油などより価格が安いことや需要が広がることで林業の活性化にもつながることを説明した。 参加者は 「ボイラーを整備するのに費用はどれくらいかかるのか」 「灰はどのように活用できるのか」 など積極的に質問。 Iターンして林業にたずさわっている神田美保子さん(27)は、 「わたしたちの山の木も燃料に使われているので、 関心があった。 いろんな課題を解決していくために、 わたしたちに手伝えることがあれば取り組んでいきたいし、 林業の発展につなげていきたい」 と話していた。
 午後からは日高川交流センターで基調講演や事例報告、 「環境にやさしい新エネルギーの町づくり」 をテーマに玉置俊久町長らがパネルディスカッションも行った。

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る