日高川の河床整備スタート

 昨年9月の台風12号災害に伴う復旧で県は、市内藤田、野口地内で大規模な日高川河床整備をスタートさせた。日高振興局によると、水害後の河床高の調査で、現場周辺は左岸エリアに大量の土石が堆積し、逆に右岸エリアがえぐられていたことが判明。このため、堆積した土石を重機で押してえぐられた部分を穴埋めする方法で工事を進めている。完成は来年1月末。
 現場は野口橋から上流に延長530㍍区間と小熊大橋から上流に400㍍区間。台風12号災害後には見た目にも高さ2、3㍍にわたり土砂が堆積していた場所。市議会などでは「台風12号の水害ではあと2㍍ぐらいで日高川の堤防が越流するところだった。川底に土石が堆積しているので、今度同じような増水になると、確実に堤防を越えてくる」などとして、県に土砂の撤去を強く要請していた。しかし、その後県が河床高を調査したところ、土砂が堆積しているのはカーブを描く川の流れの内側となる左岸エリアで、逆に外側の右岸エリアは川底がえぐられていることが分かった。特に野口橋上流の右岸には現在復旧工事が進められている市の藤田グラウンドがあるが、グラウンドの護岸の下がえぐられており、このままでは護岸崩壊の恐れもあるという。
 こうしたことから、堆積した土砂を撤去するのではなく、えぐられた部分の穴埋めに全て活用。ユンボで一度積み上げてブルドーザーで突いていく工法を取っている。野口橋上流では土石5万立方㍍分、小熊大橋上流では1万7000立方㍍分を移動させる。事業費は3000万円。工事は大雨などに伴う増水が比較的少ない、この時期を狙って進めている。振興局は「いまのところ藤田、野口地内で土石を撤去する予定はないが、必要性があるなら検討していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る