搬送に重点置いた訓練を

 阪神大震災で犠牲になった6434人のうち、災害急性期といわれる48時間以内に適切な救急搬送・医療を受けることができていれば、約500人が助かった可能性があったといわれている。どの患者をどの病院に搬送するのか、1分1秒を争う中で、治療の優先順位をつけるトリアージがどれだけ的確に実践できるのか。この課題に早くから取り組んでいるのが、御坊保健所を中心とする御坊医療圏の関係機関である。8年前からスタートした大規模災害を想定したトリアージ訓練は、ことしも11月3日に実施される。
 先日、訓練の事前研修として、救命医療チームDMATの一員として東日本大震災被災地に出動した和医大の岩崎安博助教を招いて講演会が開かれた。体験をもとに岩崎助教は、大多数のケガ人に加え、冬の津波被害では低体温症や脱水症状の患者が多くなるだろうといわれていた。治療の優先順位を分類しても、あふれる患者をどこに搬送するのか。日高地方の拠点病院となる日高病院も津波被害を受ける可能性がある。浸水や路面決壊があれば陸路での搬送は不可能だ。そんな状況の中で何ができるのか。課題は山積している。
 トリアージは、現場の最前線で活躍する救急隊らのレベルアップに重要な訓練だが、加えて今後は、搬送方法に重点を置いた取り組みも必要だろう。津波被害が広範囲になればなるほど、ヘリを中心とした空路が重要になる。最も機動力があって多くの人員を運ぶ能力を持っている自衛隊との連携が重要。スムーズな搬送のために、ぜひ訓練に取り入れてもらいたい。11月5日は津波防災の日。住民もあらためて自分たちの置かれている立場を考えよう。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る