トラック引きレースで九絵力が優勝

 和歌山市のマリーナシティ駐車場で20日、重さ12㌧以上もある大型トラックをけん引ロープで引っ張り、30㍍先のゴールまでのタイムを競い合う「第6回トラック引きレース」があり、日高町の「九絵力」(くえちから)チームが見事初出場で優勝を飾った。出場39チーム中6位で予選を通過すると、決勝では2位以下をコンマ数秒抑え、大物として知られる町の名物クエの名に違わぬ力自慢ぶりを見せつけた。
 主催は、社団法人県トラック協会。10月9日の「トラックの日」にちなみ、トラック運送業への理解と関心を深めてもらうイベントの一つとして開催された。全員の合計体重が400㌔以下の5人でチームを編成し、県内から39チームが参加。九絵力は予選を25秒台で6位通過、決勝は23秒252のタイムをたたき出し、23秒台が3チームとなった混戦をわずかに制した。
 九絵力のメンバーは、早稲田伊織(萩原)、山田周平(志賀)、山本将太(比井)、川瀬寿久(志賀)、石家隆寛(萩原)の5選手。監督は辻本篤史さん(同)が務めた。20代後半から40代前半の顔ぶれで、普段は綱引きチームとして活動している。大会前には同協会日高支部の川口明美支部長が社長を務める白馬運輸㈱の敷地(御坊市湯川町小松原)で大型トラックを借りるなど同社の協力の下、練習に取り組み、本番に備えた。
 メンバーの1人、山本さんは「他のチームにはマッチョの人が多く、綱引きの強豪チームの人たちも出場していたので手ごわいなと思っていました。優勝は目指していましたが、楽しくやって入賞できればいいなという気持ちでレースに臨みました」と話し、予選から一気に3秒ほど縮めての優勝には「予選で他のチームの引き方を見て、各自の立ち位置とか水平にまっすぐ引くとか改良したのがよかったと思います。それに、みんなで力を合わせてチームワークを発揮できたのが勝因です」と笑顔で振り返っていた。
 日高支部からはこれまで出場チームすらなく、地元勢でも初の優勝となった。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る