トラック引きレースで九絵力が優勝

 和歌山市のマリーナシティ駐車場で20日、重さ12㌧以上もある大型トラックをけん引ロープで引っ張り、30㍍先のゴールまでのタイムを競い合う「第6回トラック引きレース」があり、日高町の「九絵力」(くえちから)チームが見事初出場で優勝を飾った。出場39チーム中6位で予選を通過すると、決勝では2位以下をコンマ数秒抑え、大物として知られる町の名物クエの名に違わぬ力自慢ぶりを見せつけた。
 主催は、社団法人県トラック協会。10月9日の「トラックの日」にちなみ、トラック運送業への理解と関心を深めてもらうイベントの一つとして開催された。全員の合計体重が400㌔以下の5人でチームを編成し、県内から39チームが参加。九絵力は予選を25秒台で6位通過、決勝は23秒252のタイムをたたき出し、23秒台が3チームとなった混戦をわずかに制した。
 九絵力のメンバーは、早稲田伊織(萩原)、山田周平(志賀)、山本将太(比井)、川瀬寿久(志賀)、石家隆寛(萩原)の5選手。監督は辻本篤史さん(同)が務めた。20代後半から40代前半の顔ぶれで、普段は綱引きチームとして活動している。大会前には同協会日高支部の川口明美支部長が社長を務める白馬運輸㈱の敷地(御坊市湯川町小松原)で大型トラックを借りるなど同社の協力の下、練習に取り組み、本番に備えた。
 メンバーの1人、山本さんは「他のチームにはマッチョの人が多く、綱引きの強豪チームの人たちも出場していたので手ごわいなと思っていました。優勝は目指していましたが、楽しくやって入賞できればいいなという気持ちでレースに臨みました」と話し、予選から一気に3秒ほど縮めての優勝には「予選で他のチームの引き方を見て、各自の立ち位置とか水平にまっすぐ引くとか改良したのがよかったと思います。それに、みんなで力を合わせてチームワークを発揮できたのが勝因です」と笑顔で振り返っていた。
 日高支部からはこれまで出場チームすらなく、地元勢でも初の優勝となった。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る