落合恵子さんの講演より

 作家の落合恵子さんの市民教養講座を取材した。記事では書ききれなかったエピソードを紹介したい
 ◆結婚する前に戦争で父の行方がわからなくなったため1人で落合さんを産み育てた母は、幼くして父親を亡くし13歳の時から働いて3人の妹を進学させた人。「人間にとって何が大切かいつも考えることが、学校では学べない大事なこと」だと落合さんに教えてくれた
 ◆講演で「たてがみ」と表現された落合さんのヘアスタイルは母の介護をしている時、『手入れが楽』と決めた。その頃、母はすでに医師から「もう言葉も何も分からなくなっています」と言われていたが、落合さんは母に「見てごらん」と新しい髪を見せた。 母は子どものような目でじっと落合さんを見つめ、「ふふふ…」と笑った。「私にとって大きな『ふふふ』でした」と言う。何も分からないとデータが示していても「楽しそうな空気を感じることはきっとできるはず」と落合さんは信じた。最期に「お母さんありがとう、大好き」の言葉を贈り、「私、お母さんの娘でよかった」というと、母は最後の力を振り絞るようにまぶたを何度もパチパチと動かしたという
 ◆そのお気に入りの髪が逆立っている表紙絵の近著が「てんつく怒髪」。3・11以降のさまざまなことへの怒りなどが述べられている。「『怒ってどうなる』というさめた声には、結果が予測できる時だけ怒るなんて『そんなケチな怒りならいらない』と言いたい」と言い放ち、しかし「てんつく」は「天衝く」と同時に祭り囃子の「テンツク」でもあると、ユーモアも忘れない
 ◆ふわりと広がる銀の「たてがみ」は、毅然として闘いながら、それでも明るさは失わない姿勢の象徴のようにも思える。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る