県が脱法ハーブ規制条例制定へ

 若者を中心に広がっている違法ドラッグの一種、「脱法ハーブ」について、県が購入者に対して「吸わない」という誓約書を提出させ、守らない場合は罰則を適用する全国初の条例を制定する。
 脱法ハーブは、麻薬に似た幻覚症状や興奮作用があり、成分構造の一部を変えるなどして薬事法の規制をすり抜け、お香やアロマグッズとして販売されている。都会ではこの脱法ハーブを吸引して車を運転、歩行者の列に突っ込む暴走事故が起こるなど、問題となっている。
 条例案では、脱法ハーブの疑いのある商品を県が「知事監視製品」として指定し、販売者は購入者への使用方法の説明の徹底、購入者には住所や氏名とともに「吸引しない」などの誓約書の提出を義務づける。違反した場合は双方に警告を出し、さらに違反を繰り返す場合は過料、罰金などの罰則が与えられる。
 県は来年4月ごろの施行に向け、12月議会に条例案を提出。仁坂吉伸知事は「健康と安心な暮らしを脅かす脱法ハーブの根絶を目指す」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る