県下一の中津のトランポリン

 気持ちよさそうに跳躍を繰り返し、膝から落ちたり、腹や腰、四つんばい、開脚で落下することも。トランポリンである。中世ヨーロッパのサーカスが起源と言われ、いまでは日本でも競技、レクリエーション、エクササイズなどで多くの人に親しまれ、オリンピックでも正式種目になった。競技種目には個人や団体、シンクロナイズドなどがあり、レクリエーションの一環でシャトルがある。
 そんなトランポリンは、この辺りではややなじみは薄いが、日高川町の中津地区は県下ナンバー1の競技先進地。演技は華麗でスピード感があふれ、見る者を魅了し続けている。旧中津村時代の昭和47年に日体大出身の女性がやりはじめ、村内で普及。平成元年の大阪ジュニア大会では中津クラブから17人が出場し、近畿各地の400人の小中学生を相手に何と5人の優勝者を出す輝かしい成績を残した。今月6、7の両日に開かれた全国シャトル競技大会では準優勝と健闘。ここ10年でも同大会の前身に当たる全国スポーツレクリエーション祭で3回優勝、近畿シャトル競技大会でもジュニアが1回、一般が4回優勝を飾るなど長年にわたり全国有数の実力と実績を誇る。
 現在、中津クラブでは、ちびっ子から大人まで約30人が取り組んでいる。中津クラブなどでしているシャトルと本格的な競技とは器具の大きさにはじまり、トレーニング方法など根本的に違うようで、競技選手になるには県内に練習場所や指導者が少ないことなどハードルは高い。そんな中でもいつの日か、中津クラブから日々の取り組みをきっかけに本格的に志す選手が出ることを願いたい。明日の廣田遥、伊藤正樹を目指して。    (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る