日本の食文化遺産登録に期待

 味覚の秋を迎えた。 野菜や魚介類などがうまい。 特にいまの季節は旬を迎える食材が多く、 例えば海の幸ではサンマやサバなど、 山の幸ではナスやサツマイモなどがいまが食べごろだ。 その四季折々の旬の素材を最大限に生かしているのが日本料理だが、 その和の食文化を世界的な無形文化遺産に登録しようと、 日本政府はことし3月、 ユネスコに登録を提案した。
 栄養バランスの取れた食事構成、 食事と年中行事・人生儀礼との密接な結びつきなどといった特徴もある。 諸外国からも高い評価を受けており、 世界的にもブームになっている。 今後はユネスコで審議され、 早ければ来年の秋に登録されるかどうか決まるという。 料理の登録は珍しいことでなく、 すでにフランスの美食術、 地中海料理などが登録されている。 仮に日本の食文化が登録されるとなれば、 有形の建造物や自然などを対象にした世界遺産と並ぶ国際的な保護の枠組みとなる。
 しかし、 国内では若い世代を中心にご飯離れが進み、 パンを中心とした洋食へと傾きつつある。 その影響は、 県の特産の梅の消費が低迷している要因の1つにもなっている。 だが、 日本の食文化が文化遺産に登録されることになれば、 もちろん大きな脚光を集めて見直されることになるだろう。 梅の消費に対しても大きな波及効果が期待され、 仮にPRポスターに梅干しの写真が掲載されれば、 世界的なアピールにもつながるだろう。
 梅の旬は梅雨時期の6月だが、 日本食の文化が遺産登録の可否が決定されるのは1年後の秋。 梅産地にとって実り多い結果となることを期待したい。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る