県立医大が新棟建設へ

 和歌山市の県立医科大は先進的がん診療と地域医療の充実などを目指し、 新たに地域医療支援総合センター (仮称) を建設する。 場所は付属病院棟東側ロータリーの南で、 既設病院棟と連絡する形で鉄筋コンクリート5階建てを新設。 手術室の7室増設で多くの手術待ち患者を減らすことができるほか、 地域医療支援の分野では他の病院の外来患者や救急患者の遠隔診療も行えるようになる。
 同大学の板倉徹理事長が15日の記者会見で発表。現在、付属病院には手術室が12室あるが、年間の手術件数は7800件(平成23年)で、平成10年の移転当時の想定を大きく上回り、手術待ちの患者が増加している。新たに設置する地域医療支援総合センターはがん診療を中心とした診療設備として、4階の中央手術部に7室の手術室を設け、現在の12室から19室に増設。これにより、年間最大1万1760件の手術が可能になり、板倉理事長は「がん患者の場合は手術を先送りできない。新棟が完成すれば現状の飽和状態を大きく緩和することができるだろう」と話す。
 県内の他の病院の診療支援や若手医師の教育・育成では、3階に地域医療支援センターを設置し、大学の県民医療枠、地域医療枠の学生(現在5年生)の卒後9年間の研修をサポート。専門医や学位を取得できる研修プログラムを作成したり、各種セミナーや病院研修の実施するほか、他の病院の医師不足の現状把握と分析を行い、緊急避難的に医師を派遣したりする。
 地域医療センターではこのほか、ITネットワークによる他の病院の患者の遠隔診断や遠隔医療も実施。専門医のいない病院の患者がわざわざ医大まで来る必要がなく、医大の専門医がテレビ電話形式で必要に応じて患者と会話をしながら、他病院の医師の診察をサポートする。また、遠隔地の救急患者についても、医大の救急外来の医師がこのシステムで診断や処置を支援。リアルタイムで患者の様子を確認し、現場の医師と無線のヘッドセットでやりとり(患者には聞こえない)しながら画像診断、転院指示など、専門的治療の必要性を助言できるという。
 新棟の建設工事は11月中旬から始まり、工期は平成26年3月中旬まで。工事期間中は現在の平面駐車場がすべて使用できなくなるため、病院とJR紀三井寺駅間の無料シャトルバス(平日のみ)を運行する。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る