人間らしく生きよう

 ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大の山中伸弥教授が開発したiPS細胞は、まさに夢の細胞である。これまでは移植手術を受けるためには提供者が必要だったが、将来的には自分の細胞で作った臓器を自分に移植できるようになることが期待されている。もちろん研究は始まったばかりで、いろんな問題をクリアしていかなければならないが、一日も早い技術の確立は、すべての人の願い。移植を待っている患者の方々はたくさんいる。財政事情は厳しくとも、このような本当に世に役立つものへは国を挙げて支援してもらいたい。細胞という肉眼では見えない小さなものが、苦しむ人を救う。科学の進歩のたまものではあるが、科学というより、他人のことを思う人間らしさがあふれている。
 一方で、インターネットの世界では、人間らしさが徐々に失われているように思えてならない。姿を見せずして人を誹謗中傷したり、とうとう他人のパソコンを遠隔操作し、なりすまして悪事を働くやからまで現れた。遠く離れた人に悩み事を相談できたり、簡単に買い物ができたりと多くのメリットがある半面、一歩間違えば身に覚えのない罪をかぶせられる事態になりかねない世の中。ネット犯罪の厳罰化を含めた対策が必要である。
 今回のなりすましの件はごく特定の犯罪者の仕業ではあるが、今後もっと巧妙な手口が出てくる可能性は十分ある。何より何の関係もない善良な一般人を狙っているところが怖い。ネット犯罪には後手に回っているが、目に見えない敵との戦いに敗北してはならない。いろんな人間がいるのが世間だが、山中教授のように人間らしく生きる人が多い世の中を願う。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 丁寧、誠実がモットーです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る