友とよき酒飲んでますか

 その受賞対象の研究が一般の人にも分かりやすいせいか「とっつき」がよく、盛り上がりをみせている山中教授のノーベル賞。皮膚細胞などからつくるiPS細胞は、ES細胞のように受精卵を使う必要がないため、倫理上も何の問題もないという。神経や臓器の再生など、近い将来の臨床応用に世界中が期待を寄せている。
 神戸大から奈良先端科学技術大学院大、現在の京都大など関西を拠点に研究を続け、オールジャパンで資金力がけた違いの欧米のチームと激しい競争を繰り広げている。その最前線で陣頭指揮を執りながら、「iPSのiは、iPhoneを真似して小文字にした」というおちゃめさ、「塞翁が馬」を座右の銘とするひたむきでフランクな人柄が日本人、同じ関西人に好ましい。
 山中教授と天王寺中学・高校の同級生で、いまも親交がある世耕弘成参議院議員は、今回の受賞に大喜び。受賞決定の夜は昔の仲間が集い、友人の快挙を祝って飲み明かしたという。かたや再生医療の未来を開く第一人者、かたや首相返り咲きを狙う安倍自民党総裁の参謀。どちらも利権と策謀渦巻く世界にあって、人のため、国のために命をかける武士道精神で突き進んでもらいたい。
 ああ 友と良き酒を 時を憂いて飲み明かしたい いまも昔もこの酒つげば心地よし。家庭で、職場で、地域で、それぞれに責任ある立場となり、かまやつひろしの歌が身にしむ40代、50代。ストレスまみれのおっさんたちにとって、いろんな世界で頑張る同級生とたまに飲む酒ほどうまく、貴重なものはない。友人に大きな力をもらった世耕氏、永田町での活躍やいかに。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る