公務員再雇用は必要?

 国が定年退職の年齢を60歳から65歳まで引き上げるよう検討している。いまこれぐらいの歳の人は、ちょうど戦後の激動の時代をたくましく過ごしてきたためだろうか、とても元気でパワフルな人が多いように思える。だから培ってきた知識や経験を引き続き生かしてもらうという点では、定年の引き上げはいいのだろう。しかし、公務員に当てはめると、すでに言われている通りいろいろ問題もあるようだ。
 去る9日の市議会決算委員会では、平成23年度決算審査に関連して委員から「定年が引き上げられた場合、市役所の対応はどうするのか」と質問があり、執行部側は「国の方針がはっきりしないので何ともいえないが、60歳でとりあえず退職してもらい、給料を下げて再雇用する形になるのではないか」と答弁していた。
 定年延長ではなく、再雇用で給料を下げて人件費を抑制するということだが、いってみれば定年後もちょっとしたアルバイト先が最初から確保されているのと同じ。民間企業だと定年前にリストラされ、それでも生活のため収入が必要でいままで経験したことのないアルバイトをするなどよく聞く話。公務員は安定した給料が定年までもらえているわけだが、再雇用で年金が受け取れる歳になるまで雇ってもらえるなら、「一層結構なもの」である。また、委員からは「市役所といえば大きな雇用の場。年上の人に居座られると、若者が入ってこれない」などと指摘があり、確かにそれも一理ある。
 市は国の制度に準拠せざるを得ない面もあるが、独自に再雇用の是非を一度検討してもらいたい。 もし、 どうしてもその人の能力が欠かせないといっても、別に公務員の地位である必要はないのだから。      (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 密漁も不法投棄もせんといてな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  2. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  3. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  4. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  5. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る