日高路は秋祭りたけなわ

 さわやかな秋空が広がった3連休中日の7日、 日高地方は各地で秋祭りがにぎわいをみせた。 市内では須佐神社 (南塩屋) の森祭があり、 日高町では港町阿尾に伝わる伝統の奇祭クエ祭、 みなべ町では東・西両岩代八幡宮など。 日高川筋でも笑い (江川の丹生神社)、 紀道 (三百瀬の紀道神社)、 長子 (小釜本の長子八幡神社) の3つの祭りが水害を乗り越え2年ぶりに行われた。
20121010森祭.jpg
御輿と屋台が競り合い(森祭)
 森祭 午前中に南塩屋のお旅所で神事を行ったあと、 午後からは須佐神社の馬場でお渡り。 御輿や屋台、 四ツ太鼓を担いだ若衆が威勢よく練り歩き、 参道の階段前では見せ場とばかりに四ツ太鼓を高く担ぎ上げ、 「サイテクリョー」 を連発していた。 御輿と屋台2台が激しく競り合い、 境内ではのぼり差しもあり、 三反や五反が見事に差されると、 見物人から大きな拍手と歓声が起こっていた。
20121010クエ祭.jpg
クエ御輿を巡って激しくもみ合う(クエ祭)
 クエ祭 午前10時半ごろからお渡りが始まり、 神置きの当番衆宅から白鬚神社 (若田正孝宮司) までかわいい巫女姿の女の子らが優雅に奉納行列。 神社の鳥居周辺に到着すると、 メーンのクエ御輿の奪い合いがスタートし、 奇抜なメークや衣装の若衆が 「ソーリャ」 「ソリャコイ」 などと威勢のいいかけ声を響かせながら激しくもみ合った。 多くの見物人のほか、 アマチュアカメラマンらも迫力のシーンをレンズで追っていた。
20121010わらい.jpg
「世は楽じゃ~、家は楽じゃ~、笑え笑え~」 御輿を先導する鈴振り(笑い祭)
 笑い祭 山野、 和佐、 松瀬の順に鬼が出会って江川入り。 午前11時ごろには派手なメークと衣装でおなじみの人気者、 鈴振りが登場し、 お渡りがスタートした。 2年ぶりのことしも多くのアマチュアカメラマンが訪れ、 鈴振りが 「世は楽じゃ、 家は楽じゃ、 そりゃ笑えよ、 笑え~」 と枡持ちらとともに大笑いするたび、 シャッターチャンスを逃すまいと押すな押すなのもみ合い。 和佐の踊り獅子、 松瀬の竹馬、 山野の雀踊り、 江川の奴踊りや各組の四ツ太鼓、 獅子舞、 幟差しも見物人を楽しませた。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る