漢字クロスで国語力を

 先日、 文化庁が全国の16歳以上の男女を対象とした「国語に関する世論調査」の平成23年度調査結果を発表した。なかでも言葉の使い方が間違っている 「誤用」 が印象的だ。 「にやける」 の正しい意味は 「なよなよとしている」、 「うがった」 は 「本質を捉えた」、 「失笑する」 は 「こらえきれずに吹き出す」、 「割愛する」 は 「惜しいと思うものを手放す」 など、 何気に使っている言葉の意味がまったく違ったり、 真逆だったりと驚かされた。 誤用と言えばこのほかにも▽確信犯=正しいと信じて行ったことが結果的に悪いことになる▽しおどき=物事を行う最も良いタイミング▽おもむろに=ゆっくり落ち着いてなどが間違われやすいとして有名だ。誤用が本来の意味を上回り「言葉は時代とともに変化する」という声もあるが、正しい意味を理解している人もいるので、混乱しないようどちらかに統一してもらいたいところだ。
 また調査の 「情報交換手段の日常生活への影響」 の項目では、 「漢字を正確に書く力が衰えた」 と回答した人が67%で、 10年前から25増加した。 普段、 パソコンで記事を打ったり、 ノートにメモするなど常に文字に携わっている仕事の筆者でも、 漢字能力の低下は身にしみて感じる。
 そんな中、 本紙日曜付 (変動あり) の特集 「鉄腕キッズ」 に以前恒例だったクロスワードが漢字バージョンになって復活。 キッズらしからぬ難問もあるが、 辞書などで調べて実際に書き込むことで、 漢字能力の向上にもつながるのでは。 正解者には抽選で商品券のプレゼントがある。 今後、 定期的に掲載していく予定なので、 ぜひ応募してもらいたい。    (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る