御坊の保田さん宅に野口雨情直筆の掛け軸

 市内御坊 (西町)、 元保田楽器店の保田かほるさん (87) 宅に、 「シャボン玉」 「証城寺のたぬきばやし」 「赤い靴」 などで知られる童謡詩人野口雨情直筆の掛け軸が保管されている。 昭和14年1月、 先代の店主でかほるさんの夫の父、 故保田信郎さんの代の時に 「御坊小唄」 作詞のため来坊していた雨情が同店を訪れ、揮毫したという。保田さんは「大事に保存していきたいと思います」と話している。
 「御坊市史」によると、「御坊小唄」は昭和13年に発足した日高芸術協会が日高新報や紀南新聞紙上で歌詞を公募。本紙創刊者の井上豊太郎氏らが審査したが目立った秀作がなく、当時童謡の作詞などで活躍していた野口雨情に依頼。14年1月に来坊してしばらく滞在、「御坊小唄」を作ったという。「紀伊の御坊はなつかしところ/鐘のひびきも朝夕に」「御坊別院銀杏の陰に/屋根が見えますほのぼのと」など17番から成る小唄で、現在も日高川踊り保存会によって踊り継がれている。
 保田さん宅の掛け軸にはこの歌詞ではなく、「雲に隠れて雨ふり月は 浜の苫屋(とまや)の窓のぞく」と、煙樹ケ浜の情景をうたった言葉が書かれている。その時「御坊小唄」の全歌詞も巻紙に書いてくれたのだが、今では保管場所が分からないという。保田さんは「野口雨情さんが訪問してくれた時のことは、義父からよく聞きました。長い巻紙に長い歌詞をすらすらと書いてくれたそうです。私が小さいころの煙樹海岸は広々と見晴らしがよく、作業をするための粗末な苫屋があったのを覚えています」と懐かしそうに話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る