女性登山家の生き方に感銘

 第4回市民教養講座、登山家・田部井淳子さんの講演を取材した。当日は73歳の誕生日。その年齢を感じさせない、はつらつと張りのある声音が印象的だった。女性初のエベレスト登頂者という輝かしい記録を持ちながら、講演後の映像解説でさらりと触れただけ。講演はそれよりも「いま」を語った
 ◆福島県三春町、という田部井さんの出身地には聞き覚えがあった。桜について調べた時に淡墨桜、神代桜、滝桜という日本三大桜を知ったが、滝桜のあるのが三春町。田部井さんによると梅・桃・桜が一斉に咲くところからきた町名だそうだ。その福島県は3・11以降、風評被害等で淋しい状況になっている
 ◆被災者のため無理のないコースを計画し、初心者向けの登山体験を提供。自然に触れることによって生きる力を取り戻してもらう。今なお世界各国の最高峰に挑み続ける田部井さんだが、広い世界への視点を持ちながら同時に自身の原点である故郷を思い、故郷のために得意分野を生かしできることをしている
 ◆山での携帯食として、塩漬けの青ジソにくるんだ干し柿が気に入っていること。70歳になった時、同級生達の熱意にこたえて富士山での同級会を実現したこと。最近シャンソンを習い始め、コンサートまで開いてしまったこと。豊富な話題が次々飛び出す。「あしたはこれがある、っていう生活はいいものです」と明るく話す田部井さん。過去は過去と割り切り「いま」と「先」をしっかり見据えて生きる、「現在進行形」の女性なんだな、と感銘を受けた
 ◆講演の最後には三春町の滝桜の映像が紹介された。滝のように白い満開のしだれ桜は、田部井さんの生き方のようにすがすがしく目に映った。
       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっとのぞきに来てください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る