御坊の安養寺 11月に落慶法要

 平成17年11月に旧本堂が解体され、5年後の22年秋に新しい本堂と客殿が完成した市内湯川町財部の浄土真宗本願寺派、安養寺(佐々木俊紀住職)で11月11日、落慶法要が行われる。計画が持ち上がって14年、長引く不況のなかで建築費の浄財寄付を募り、本堂完成後に進められていた山門の屋根のふき替えなども終わってようやくの落慶。法要の日は稚児行列も行い、213年ぶりの再建を盛大に祝う。
 安養寺の開基はいまから489年前の大永3年(1523)。「御坊」の名の由来といわれる日高別院より古く、市内と周辺4町に28カ寺ある真宗御坊組の中で最も歴史が長い寺の1つ。前回建て替えの寛政11年(1799)から213年ぶりの再建で、現在の佐々木住職が十八代目となる。
 旧本堂はいまから15年ほど前、天井のシロアリ被害がひどく、大きな地震がくればいつ崩れてもおかしくない状態に陥り、12年前の平成12年に新本堂の建築委員会が発足。市内を中心に日高町、印南町などに約400軒ある門徒から浄財寄付を集め、17年11月に旧本堂を解体。翌年には建築委員会が再結成され、21年3月からようやく新本堂の建築工事が始まり、11月に上棟、22年10月に客殿とともに完成した。
 その後、昨年3月には本尊の阿弥陀如来像がプレハブの仮本堂から新本堂へと移され、本堂再建に余った予算で山門と鐘楼、西門の屋根のふき替え、北側の塀の設置工事などが進められていた。本堂は天理市の松田工務店(松田寅和代表)が施工、奈良市の総合建築設計事務所(谷佳訓代表)が設計。
 旧本堂の解体から7年、新本堂完成から2年が経過。来月の落慶法要は親鸞聖人七百五十回大遠忌法要と合わせて行われ、かわいい子どもたちの稚児行列もある。

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る