ミスターコンテストもあり!?

 御坊商工会議所などのミス宮子姫コンテストの投票が27日で締め切られ、 いよいよ上位得票2人のミス宮子姫が1日に発表、 表彰される。 今後1年間を通して2人には各種イベントで活躍してもらうことになっており、 宮子姫、 日高地方の発信に期待がかかる。
 今回は日高新報と紀州新聞に掲載された用紙を使って読者の投票形式で選抜した全国初の試み。 いま言うにはまだまだ早いかもしれないが、 もっとたくさんの人に投票してもらい盛り上げるためにはさらに工夫が必要だと感じた。 例えば投票所が市内5カ所だけだったが、 投票の権利を持っている読者は日高地方全域。 筆者の地元旧美山地区でも 「投票したいけど近くに投票所がない」 という声を聞いた。 どうせなら周辺町やJAなどの協力を得て、 各地に投票箱を設置するのも手だろう。あとよく言われたのが、投票する側に何か特典をつけること。 例えば投票者に番号付きの引換券を渡して、 その番号で抽選してプレゼントを用意するとか。 今回は企画から実施まで短期間で準備ができなかったが、もっと早い段階から企業や個人から協賛金を集めればプレゼント代金ぐらい出るのではないだろうか。
 最後にもう一つ。 女性からの要望だが、 「どうして男性のコンテストをしないの?」 「男性も見てみたい」 とよく言われる。 あくまで主役が宮子姫だから女性が対象になるのは仕方ないが、 幸い宮子姫物語には紀道成や藤原不比等などの男性も登場する。 盛り上げるという意味では男女両方のコンテストを実施するのもいいかもしれないと思ったが、 さてどうだろう。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る