どっちがましかの選択

 野田佳彦氏が再選された民主党代表選も、安倍晋三氏が返り咲いた自民党総裁選も、しらけムードにさせられた。民主党代表選は力不足の顔ぶればかりで、自民党は誰が総選挙の顔にふさわしいかや派閥の思惑なども交錯しての選挙戦というのが相変わらず。本当に国のことを考えてトップを決めているのかと疑念を持ってニュースをみるしかなかった。選ばれたのは国民との約束を破って増税に突っ走った現首相と、決選投票で逆転勝ちした元首相。いずれの選挙にしてもこの国難の時、「誰がふさわしいか」より「誰がましか」とネガティブな気持ちで待つだけしかなかったのが情けない。
 2大政党制といわれるようになって民主、自民の両党どちらかのトップが首相になる。次の総選挙では現情勢では自民党が有力とみられている。それならば、もう少し国民にも分かりやすい総裁選にできないものか。出馬する政治家は少なくとも3カ月前、できれば半年以上前にはしっかりと意思を公表すべきで、もっと長い時間をかけて自身の政策を訴えるようにし、大臣候補やブレーンもどんな人たちなのかを示してほしい。当選するため政策が二転三転するようなことはなくし、国のためこれをやりますと明確に提示してもらいたい。少しは米大統領選のやり方をならえばいいのではないか。
 民主党が期待外れで、自民党もまだ敗北以前の反省があるのかないのかはっきりとしない。「近いうち」の総選挙。維新には魅力も感じるが政権運営力が未知数という不安もあり、結局はまた民主、自民、「どっちがましか」のネガティブ投票になりかねない。とにかくすぐに、政治のデフレスパイラルを断ち切れる政治家の出現を願っている。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さんの声をお寄せください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る