筆跡で人を見極めよう

 先日、印南町丹生の来迎寺と川又の安養寺(いずれも池上省吾住職)で開かれた彼岸講座で、筆跡診断士の山上りるもさんの話を聴いた。筆跡診断とは人が書く文字を見て、性格などを読み取ること。講座では実際に参加者全員で漢字を書いて、診断する参加型だったので楽しめた。
 講座で紹介された漢字は「和歌山太郎様」。実際に書いてみて自己診断してみよう。まず文字の大きさは行動力、声の大きさを表す。続いて「太」の文字の2つの払い。左の払いは目立ちたがりや度、右の払いはのめり込み度を表し、どちらも長いほど強い。さらに「太」の文字の「一」の上にでている部分が長いほど人よりも上に立ちたいというリーダー気質が強いことになる。次に「様」の偏の「木」だが、3画目、4画目の払いが「十」の交差する部分からきちんとつながっている人は優しく、4画目が3画目を交差するように切っている場合は白黒はっきりしている現れ。また「様」の偏とつくりの間隔は心の広さを表している。さらに3つある「口」の字で、ところどころに隙間が開いている人もいると思うが、左上が開いていればお金がよく入ってきて、左下が自分への甘さ、右下が詰めの甘さを意味し、左上が開いていても下が開いていればお金はたまらないという。
 結構、自分の性格に当てはまったのではないだろうか。逆に言えば文字を変えることで性格を変えることができる。飽き性の人は右の払いを長くするなど。また人の文字を見極めることで性格や心境を読み取ることができ、付き合い方の参考にもできる。興味のある方はいくつか覚えてみてはどうだろうか。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る