筆跡で人を見極めよう

 先日、印南町丹生の来迎寺と川又の安養寺(いずれも池上省吾住職)で開かれた彼岸講座で、筆跡診断士の山上りるもさんの話を聴いた。筆跡診断とは人が書く文字を見て、性格などを読み取ること。講座では実際に参加者全員で漢字を書いて、診断する参加型だったので楽しめた。
 講座で紹介された漢字は「和歌山太郎様」。実際に書いてみて自己診断してみよう。まず文字の大きさは行動力、声の大きさを表す。続いて「太」の文字の2つの払い。左の払いは目立ちたがりや度、右の払いはのめり込み度を表し、どちらも長いほど強い。さらに「太」の文字の「一」の上にでている部分が長いほど人よりも上に立ちたいというリーダー気質が強いことになる。次に「様」の偏の「木」だが、3画目、4画目の払いが「十」の交差する部分からきちんとつながっている人は優しく、4画目が3画目を交差するように切っている場合は白黒はっきりしている現れ。また「様」の偏とつくりの間隔は心の広さを表している。さらに3つある「口」の字で、ところどころに隙間が開いている人もいると思うが、左上が開いていればお金がよく入ってきて、左下が自分への甘さ、右下が詰めの甘さを意味し、左上が開いていても下が開いていればお金はたまらないという。
 結構、自分の性格に当てはまったのではないだろうか。逆に言えば文字を変えることで性格を変えることができる。飽き性の人は右の払いを長くするなど。また人の文字を見極めることで性格や心境を読み取ることができ、付き合い方の参考にもできる。興味のある方はいくつか覚えてみてはどうだろうか。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る