みなべ町議選 早くも中盤入り

 定数14に対して15人(現職9人、新人6人)が立候補、1人超過の少数激戦を繰り広げているみなべ町議選は早くも中盤入り。序盤戦は現職陣営が前回票の死守に全力を挙げ、新人が切り崩しにかかった。当選ラインについては「過去2回の議員選を参考にすると、400~450票になりそう」という声が多い。戦いは中盤から終盤にかけさらにヒートアップしてきそう。
 24日現在の有権者数は1万1254人(男5301人、女5953人)で、単純に前回投票率の77・97%を掛けると8774票、候補者の15人で平均すると1人585票。上位は平均よりも多く得票するため当選ラインは400~450票程度とみられる。前回の平成20年には定数14に対して今回と同じく15人が出馬し、最下位当選者の得票は338票。前々回の16年には定数16に対して20人が出馬、最下位当選者の得票数は433票だった。上位の得票しだいで当選ラインは変動するが、陣営の中には「トップが前回ほど得票するのは難しいのでは。上位と下位の票差が縮まるのではないか」という見方もある。
 序盤戦の戦いぶりをみると、初日はほとんどの候補者が町内全域を街宣。草の根運動も活発に展開し、知人や血縁などのつながりを利用してのアプローチもかけていた。現職陣営、現職の後継者的な立場で地盤を引き継いだ新人は前回票を死守し、さらに上乗せに懸命。地元地区からの組織的な後押しのない新人は切り崩しにかかっていた。特に現職の引退で候補者のいない晩稲・熊岡地区(約1000票)の大票田は草刈り場。後継者的な新人を立てずに引退表明した地元晩稲の寺本文雄議員の前回票477票を狙って激しい食い合いを展開。やはり後継者のいない芝の宮﨑常二議員の前回票338票、前回落選した西本庄の園出俊明氏の334票の行方も注目されている。一方、住民らは白熱する選挙戦とは対象的に「これと言って目新しい訴えがない。政治にあまり関心がない」と盛り上がりに欠け、陣営の中には「低調ムードで投票率が下がるのではないか」と心配する声も上がっている。

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る