みなべ町議選 早くも中盤入り

 定数14に対して15人(現職9人、新人6人)が立候補、1人超過の少数激戦を繰り広げているみなべ町議選は早くも中盤入り。序盤戦は現職陣営が前回票の死守に全力を挙げ、新人が切り崩しにかかった。当選ラインについては「過去2回の議員選を参考にすると、400~450票になりそう」という声が多い。戦いは中盤から終盤にかけさらにヒートアップしてきそう。
 24日現在の有権者数は1万1254人(男5301人、女5953人)で、単純に前回投票率の77・97%を掛けると8774票、候補者の15人で平均すると1人585票。上位は平均よりも多く得票するため当選ラインは400~450票程度とみられる。前回の平成20年には定数14に対して今回と同じく15人が出馬し、最下位当選者の得票は338票。前々回の16年には定数16に対して20人が出馬、最下位当選者の得票数は433票だった。上位の得票しだいで当選ラインは変動するが、陣営の中には「トップが前回ほど得票するのは難しいのでは。上位と下位の票差が縮まるのではないか」という見方もある。
 序盤戦の戦いぶりをみると、初日はほとんどの候補者が町内全域を街宣。草の根運動も活発に展開し、知人や血縁などのつながりを利用してのアプローチもかけていた。現職陣営、現職の後継者的な立場で地盤を引き継いだ新人は前回票を死守し、さらに上乗せに懸命。地元地区からの組織的な後押しのない新人は切り崩しにかかっていた。特に現職の引退で候補者のいない晩稲・熊岡地区(約1000票)の大票田は草刈り場。後継者的な新人を立てずに引退表明した地元晩稲の寺本文雄議員の前回票477票を狙って激しい食い合いを展開。やはり後継者のいない芝の宮﨑常二議員の前回票338票、前回落選した西本庄の園出俊明氏の334票の行方も注目されている。一方、住民らは白熱する選挙戦とは対象的に「これと言って目新しい訴えがない。政治にあまり関心がない」と盛り上がりに欠け、陣営の中には「低調ムードで投票率が下がるのではないか」と心配する声も上がっている。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで歩くと楽しいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る