ごぼうはなバル大盛況

 御坊商工会議所 (吉田会頭) 初の飲み・食べ歩きイベント 「ごぼうはなバル」 が22日に居酒屋、 スナックなど54店舗で行われ、 大盛況となった。 チケット (4枚つづり) は630セット売れて、 目標の500セットを突破。 購入者らはそれぞれ好きな店のはしごを楽しみながら、 市内飲食店の魅力を再発見した。 店側としては赤字覚悟で自慢の一品を提供するなど、 PRにつなげていた。
 バルは飲食店の活性化を図ろうと日高地方初のグルメイベント。 チケットの購入者は参加54店舗の中から好きな店を選んではしごしたり、 グループで使ったりし、 店側はチケット1枚につき料理1品やドリンク1杯など、 それぞれのバルメニューを提供した。
 昼食の時間帯の参加となった湯川町財部の 「花紋」 では牛串カツ2本とドリンクセットまたは牛一口カツ定食のメニューが出されたが、 順番待ちの行列ができるほどの大人気。 来店した日高町志賀の男性会社員 (26) は、 「高級店で普段あまりこれなかったのでこの機会にと思いました。 ぜひまた行きたいです」 と大喜びだった。 花しんちの 「北海ラーメン」 では、 ビールとおでんのセットやラーメンとチャーハンのボリュームたっぷりのセットなどが用意され、 友人と3人で来店した市内薗の会社員久保雄亮さん (28) は 「きょうは昼からバルを楽しんでいます。 ビールも飲んで、 がっつり食べて大満足のイベントです」 と笑顔。 マスターの山口慶太さん (26) は 「普段のお客さまとバルのお客さまが重なって忙しいですが、 飲食店を盛り上げるのにいいイベントだと思います」 と話していた。
 ロマンビレッジの 「紀州うまいもん酒場ぱちぱち」 ではつき出し、 刺し身の3種盛り、 ビールのセットなどが出され、 来店者は 「これだけおいしいあてがあればビール1杯では足らないぐらいです」 などと、 別料金でビールを追加するお客も。 マスターの勘崎昌利さん (34) は 「料理としては赤字覚悟でやっていますが、 初めてなのでおもしろい。 お店のPRにもつながると思います」 と意欲的だった。
 この日、 ロマンビレッジの駐車場本部前では海南市の酒造会社中野BCが新商品のラベンダー入り梅酒や日本酒の試飲会も開き大好評。 地元ダンスグループなどのステージもあり、 盛り上げに一役買っていた。 吉田会頭は 「多くの人にチケットを買っていただき感謝したい。 チケットは630セット売れ、 全部使われたとしたらお店2520軒分。 参加店1軒当たり平均50人ぐらいのお客が入ったことになり、 活性化につながったと思う。 今後も定期的に開催できれば」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る