挑戦者であり続けよう

 サッカーのJリーグがスタートしたのは、筆者が大学生になったばかりの1993年だった。テレビにかじりついて見ていた当時、ほかの日本人とは比べものにならない圧倒的なテクニックで観客を魅了していた姿はいまでもはっきり覚えている。もちろんキング・カズこと三浦知良選手のことで、45歳にしてJ2リーグ横浜FCに所属し、いまだ現役として活躍しているスーパーマンだ。あらゆるスポーツにおいて選手寿命が延びているとはいえ、身体能力と徹底した体調管理、努力のたまものだろう。ファンの一人としては、50歳でゴールを決める姿を見てみたい。
 そんなキングが、11月にタイで開催されるフットサルのワールドカップ日本代表候補に選ばれた。5人制のフットサルと11人制のサッカーでは戦術などが全く違い、年齢的にも不安視されるなど賛否はあるようだが、個人的にはぜひ代表入りしてほしいと願っている。カズとサッカーワールドカップといえば、日本が初めて出場した1998年フランス大会、代表から外された因縁がある。当時、大きな議論を呼んだのを記憶している人も多いだろう。まさにいまさらの話だが、それまでの日本サッカーを支えてきた立役者がW杯出場という夢がかなわなかった悔しさはいまでも覚えている。
 だからというわけではないが、今回の代表候補入りには注目している。一度は日本の頂点に立ったといっても過言ではない選手が、結果はどうであれ、年齢にとらわれずチャレンジし続ける姿はかっこいい。常に挑戦者でいる姿勢はどんなスポーツ、仕事にも通ずるものがある。偉大な選手を見本に、いくつになっても挑戦する気持ちを持ちたい。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る