秋の交通安全運動スタート

 秋の全国交通安全運動が、 21日からスタートした。 初日は御坊署管内各市町で朝から街頭啓発が行われ、 交通指導員、 交安母の会、 交安協会各分会メンバーたちが通勤途中のドライバーに、 安全運転を呼びかけた。 30日までの期間中、 交通安全大会や県警音楽隊のコンサート、 高齢者交安教室などが展開され、 御坊署では重大事故抑止へ、 スピード超過や飲酒運転等の取り締まりを強化する。
 街頭啓発は管内全6市町で行われた。印南町では印南港信号交差点付近や古井郵便局前など4カ所で実施。西ノ地地内の切目橋北詰めでは、交安協会切目分会、交通指導員、交安母の会、学校教諭、町からは日裏勝己町長も姿を見せ、通学の小中学生の安全を見守りながら、車を1台ずつ止めて啓発。チラシを手渡しながら「きょうから交安運動がスタートしました。飲酒運転は絶対にせず、ベルトを締めて事故を起こさないよう注意してください」と声をかけ、意識高揚を求めていた。
 運動の重点は、子どもと高齢者の交通事故防止、夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止、すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、飲酒運転の根絶の4点。期間中は管内で小学生や高齢者を対象とした安全教室、自転車の正しい乗り方指導を実施するほか、26日午後4時半から市内のオークワロマンシティで県警音楽隊の安心・安全日高路コンサートと交安啓発、29日午後1時半からは交安協会御坊支部主催の交通安全大会など安全意識を高める取り組みを実践する。
 同署管内ことし1月から今月20日現在の人身事故は226件で前年同期比46件減。傷者は286人で62人減り、死者も3人減の1人となっている。県内では人身3942件(339件減)、傷者4972人(360人減)、死者35人(増減なし)となっている。森晃士交通課長は「夕暮れが早くなってきたので、早めのヘッドライト点灯と、自転車利用者や歩行者は反射材の着用を心がけてほしい」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る