知恵を使ったコンサート

 日高地方唯一の混声合唱団、アンサンブル響香の第5回発表会を取材した。単独での開催はこれが初めてだという
 ◆特に印象に残ったのは、選曲と舞台構成から感じ取れた、「来てくれるお客さんに舞台を楽しんでもらいたい。楽しみながら、混声合唱の魅力を味わってほしい」という意志。まず合唱の原点であるラテン語の教会音楽をアカペラでうたい、続いて日本語のポップス。「ジュピター」「道化師のソネット」「秋桜」「言葉にすれば」と、どれもきれいな旋律と味わい深い詩を持った曲だ。メロディーと共に、混声合唱の魅力である響き合うハーモニーを満喫できる。そして第3ステージは遊び心あふれる演出。軽妙なトークにのせて、舞台の袖や客席のあちこちに登場したメンバーがAKB48やチャゲ&飛鳥をうたう。アニメソングでは「宇宙戦艦ヤマト」に「残酷な天使のテーゼ」。ハーモニーよりもリズムが前面に出て、弾むようなステージ。客席からは期せずして手拍子も起こっていた。最終の第4ステージは日本人に親しまれる外国曲。「大きな古時計」「グリーン・グリーン」…心に響く歌詞の曲だ
 ◆音楽は好きだが、技術的な面を云々できるほどの耳は残念ながらまだまだ持っていない。だが、心の込もった演奏に接すればそれと分かる感覚は持ち合わせていると思う。アンコールの拍手は自然と2回起こった。NHKのロンドン五輪テーマ、いきものがかりの「風が吹いている」などがうたわれた
 ◆本当に音楽を好きな人達が、混声合唱を通じていろんな音楽を楽しんでもらおうと知恵を使ったコンサート。取材を離れ、肩の力を抜いて音楽の世界に心遊ばせられたひとときだった。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る