老朽化の西本庄橋 解体か修復か

 昨年9月の台風12号以降1年間にわたり、みなべ町西本庄地内の旧国道に架かる西本庄橋が全面通行止めとなっている。すぐ下流に西本庄新橋があるため通行に大きな支障は出ていないが、先の定例議会の一般質問では町の対応を問う声も出ている。小谷芳正町長は「地元と相談したうえで決めたい」としているが、いまのところ明確な方向性は出ていない。
 西本庄橋は延長105㍍、幅員5・4㍍で、幅員2㍍の歩道がある。昭和30年に建設され、築57年が経過。以前から老朽化が指摘されており、4㌧車以上は通行規制がかかっていた。さらに台風12号の影響で橋脚の立っている部分の川底が浸食されるなど安全性が低下、昨年9月から全面通行止めが続いている。このため、現在は平成8年に国道改良の一環で架けられた西本庄新橋が使われているが、西本庄橋は国道の改良が完成した当時に地元住民から「取り壊すと、国道に向かう時に鋭角に曲がる部分があってスムーズな通行ができなくなるため、解体しないでほしい」との声があって残された経緯もある。
 町の説明によると、「もともと老朽化が進んでいた橋で、災害前の状態に復旧するには1億6500万円が必要だが、それでも通行車両の重量規制が必要。耐震補強までするとさらに予算が大規模になる」という。解体するにも約5000万円が必要で、このままの状態で放置しておくと大洪水時に流木などが橋脚にかかり、川の流れを阻害して川の水が堤防を越える原因となる可能性もあるという。町では「今後、地元住民の意見を聞いたうえで対応していきたい」としている。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る