老朽化の西本庄橋 解体か修復か

 昨年9月の台風12号以降1年間にわたり、みなべ町西本庄地内の旧国道に架かる西本庄橋が全面通行止めとなっている。すぐ下流に西本庄新橋があるため通行に大きな支障は出ていないが、先の定例議会の一般質問では町の対応を問う声も出ている。小谷芳正町長は「地元と相談したうえで決めたい」としているが、いまのところ明確な方向性は出ていない。
 西本庄橋は延長105㍍、幅員5・4㍍で、幅員2㍍の歩道がある。昭和30年に建設され、築57年が経過。以前から老朽化が指摘されており、4㌧車以上は通行規制がかかっていた。さらに台風12号の影響で橋脚の立っている部分の川底が浸食されるなど安全性が低下、昨年9月から全面通行止めが続いている。このため、現在は平成8年に国道改良の一環で架けられた西本庄新橋が使われているが、西本庄橋は国道の改良が完成した当時に地元住民から「取り壊すと、国道に向かう時に鋭角に曲がる部分があってスムーズな通行ができなくなるため、解体しないでほしい」との声があって残された経緯もある。
 町の説明によると、「もともと老朽化が進んでいた橋で、災害前の状態に復旧するには1億6500万円が必要だが、それでも通行車両の重量規制が必要。耐震補強までするとさらに予算が大規模になる」という。解体するにも約5000万円が必要で、このままの状態で放置しておくと大洪水時に流木などが橋脚にかかり、川の流れを阻害して川の水が堤防を越える原因となる可能性もあるという。町では「今後、地元住民の意見を聞いたうえで対応していきたい」としている。

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る