仕事が早すぎるのも…

 ある男性の高校時代の同級生に、東大に現役合格、卒業後も難なく司法試験を突破したという秀才がいる。大学を卒業して20年がたったいま、その秀才君は法曹界でもキレ者として活躍していると思いきや、風の便りではどうもうだつが上がらないという話。温厚でのんびりした性格が司法の現場には合わないようで、社会に出てからはみんなの予想を裏切る結果になっているという。
 世の中、どんな職種、業種であっても、一般的に求められるのはまずスピード。いくらていねいでも、どれほどセンスがよくても、仕事が遅いというのは相手にも仲間にも大きなストレスで、「どんくさい」と書かれた下の方の引き出しに入れられてしまう。
 日本維新の会の代表を務める橋下徹大阪市長。北野高校時代の学業成績はいまひとつ、1年浪人して早大政経学部に入学した。司法修習生から弁護士になってからも、「仕事をコツコツとするタイプではなかった」というのが上司や仲間の一致した見方。いわゆるエリートからは外れた位置にいた。
 そんな橋下市長は国政の風雲児、最も熱く、人気のある政治家となった。ここにきて、その人気を「ポピュリズム」として眉をひそめる評論家も多いが、行財政革ではまずおのれが血を流し、市長と職員組合の互助会的なもたれ合いにメスを入れた。この決断と実行力が支持を集め、何よりも負けん気と改革の早さがリーダーとしての自分を支えているのだろう。
 ただ、大阪都や道州制を実現する前に国政に打って出たのは、スピードがあまりに速すぎる感も。振り返れば、有権者ははるか後ろ、見えなくなってはいないか。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る