産廃反対運動に大きな意義

 市内塩屋町森岡地区産業廃棄物最終処分場建設計画について、県技術アドバイザー会議は「おおむね妥当」との判断を下した。建設を計画している大栄環境に対しては、汚染水漏れや地震、粉じんなどの対策について「細かなところまで検討され、進めている」と評価したほか、「適切な産廃処理のリーダー的役割を担ってほしい」と期待を寄せる言葉もあった。大学教授ら専門家の見解である。
 こんなことを言うと反対住民からしかられるだろうが、客観的に言わせてもらえれば、県は許認可を出さざるを得ない状況と言える。県担当課も「法的に問題なければ許認可はやむなし」と漏らしている。別にこれ以上反対しても無駄というようなことを言いたいわけではない。また、特に応援するわけではないが、反対住民の活動には大きな意義があるのではないだろうか。仮にこのまま許認可が出されるようなことがあったとしても、反対住民がこれまでしてきた活動は、産廃を計画している大栄環境や許認可権者の県に大きな緊張感を与えている。つまり、反対の声があるからこそ、業者も県も産廃建設後に何か問題が起きないように必死になって対策を練る。これが反対の声もなく、ほいほい進むような計画ならどうなるだろう。業者にすれば「いずれにしてもさまざまな対策を立てるのは当然」と言うだろうが、反対住民の活動が少なからず産廃計画の徹底した安全対策に役立っている気がする。
 強調するが、県の許認可が現段階で確定しているわけではない。反対住民には今後もしっかり業者を監視して、提言、指摘、不満を言う役割を担ってほしいと思う。たとえ計画を中止に追い込めなくても、それが市民や環境を守るための尊い活動となる。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る