㈱丸紀がオーストラリアへ置き和室出荷

 美浜町和田に本社・工場がある銘木集成材の製造・販売等の㈱丸紀(山田道夫代表取締役)は、紀州材のシステム家具「置き和室」のオーストラリアの販売に関して、日本人が経営する旅行会社と代理店契約を締結。先月、第1号のユニットを出荷した。平成17年、御坊商工会議所の「JAPANブランド育成支援事業」で開発・発表してから7年。国内外の見本市やショールームへの出展など地道なPR活動が徐々に成果を挙げつつあり、待望の海外輸出にこぎつけた。
20120915コンテナ.jpg
オーストラリアへ出荷された置き和室
 置き和室は、中小企業庁などの委託事業として、平成17年に地場産業振興と地域活性化を目指す御坊商工会議所のJAPANブランド育成支援事業に採択され、丸紀が中心となって既存住宅に簡単に設置できる紀州材使用のシステム家具として開発・発表された。その後、丸紀が製造・販売を引き受け、20年には中小企業庁の地域産業資源活用事業計画の認定を受け、これまで建築建材展やインテリア・デザイン見本市などへの出展を続けながら、国内外の販路開拓に努めてきた。
20120915まるき.jpg
ことし6月、丸紀本社を訪れたオーストラリアンツアーリンクの山田社長㊧と福田支店長㊨(中央は丸紀の山田社長)
 今回、オーストラリア全土での置き和室販売代理店契約を結んだのは、日本人の山田賢一さん(44)が経営するシドニーに本社がある旅行会社「オーストラリアンツアーリンク」。昨年の東日本大震災後、オーストラリアでは日本人観光客が減少しており、新規事業を考えていたところ、パース支店の福田衛次朗支店長(37)がインターネットで丸紀の置き和室を知った。元大工の福田所長はことし1月に丸紀本社を訪れ、工場の製造工程や現物を確認。「思った通りの品質の高さ。これならオーストラリアの簡素な住宅にピッタリ」となり、6月には山田社長とともに再び丸紀を訪れ、正式に契約を交わした。
 すでに回転寿司店のオーナールームや日本風居酒屋のテーブル、カウンターなどに置き和室と関連商品の注文や問い合わせがあり、先月、置き和室シリーズのヒット商品「きのくに御坊ひとま」のユニットをオーストラリアへ向け初出荷。10月中旬には県主催の「わかやま産品商談会」がシドニーで開催され、海南市の酒造会社などとともに丸紀も参加するという。
 国内では淡路島観光ホテルのロビーに座面が畳のいすを納品し、現在、大丸神戸店や心斎橋店のショールームに置き和室などを展示中。開発から7年目にして待望の輸出に山田社長(58)は、「あきらめずにこつこつ頑張っていれば、いつか道は開けるということを実感しました。置き和室はこれからが本当のスタートですが、御坊日高の紀州材の素晴らしさを国内外に広くPRし、地域の活性化につながればうれしいですね」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 事件には誠実かつ真摯に

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る