「憎まれ天使」の面白さ

 先日、読者の方から前回の連載小説「かんかん橋を渡ったら」(あさのあつこ著)についてお褒めの言葉をいただいた。現在連載している「憎まれ天使」(鏑木蓮著)は「事故とか出てきてこわいのでちょっと読んでいない」とのことだが、これもなかなか面白いのでできれば多くの方に読んでみていただきたい
 ◆有名自動車メーカーの営業職だったが人身事故で幼い女の子を死なせてしまい、会社をやめて妻子と共に京都に移住、染色の仕事をしている男性・寛雄が主人公。隣人の女子大生志穂は就職が決まらず、寛雄の前職場へのコネを狙ってか娘の優奈を通じて接近、無神経に事故のことを探る素振りを見せる。彼女の真意が分からず、振り回されて怒りを覚える寛雄夫婦。だが常識はずれのようでいて真実を突く言葉をぶつけてくる彼女に、夫妻とも状況を見つめ直す心境になっている
 ◆現在は、現場で花を供えていた謎の女性の存在について志穂が核心に迫ろうとしている、というところ。1話ごとに意外な局面が現れ自然と次が楽しみになるという、新聞小説の王道を行く構造だ。「かんかん橋」もそうだが、心理描写が丁寧で的確な作品は感情移入しやすく先を楽しみにさせてくれる。まだ第1章。途中からでも十分入り込める。
 ◆読書の秋である。本も漫画も映画もそうだが、物語を味わう楽しみのベースは「世界が一つではない」と教えてくれること。誰にとっても、現実以外に胸躍らせてくれる世界は無数にある。活字文化である小説に限っていうなら、言葉を通じてイメージを描く力をも与えられる
 ◆一日少しずつ読み進むことで、日常の隣にある別世界に手軽に触れられる新聞小説。ぜひご一読いただきたい。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る