揺るがぬ国家観持つ政治家を

 「弟とけんかをしても、兄は常に弟より一発多く殴らないといけない」。最近の隣国との小競り合いに、子どものころに読んだ漫画『こち亀』の両さんのセリフを思い出す。
 親子、先輩と後輩という関係も同じで、親や兄は、子どもや弟に対してはいつまでも自分が「上」のつもりだが、子どもや弟が成長するにつれ、知力、体力、経済力で明らかに自分を追い越してしまう場合がある。こうなると、兄は弟の言動がいちいちムカつく。この怒りはジャイアン(中国)とスネ夫(韓国)の「のび太(日本)のくせに生意気だぞ!」のようなもので、それが理不尽極まりないため、溝はいつまでも埋まらない。
 中国と同じ中華圏の韓国は易姓革命の伝統が続いており、新しい政権が誕生するたび、前の政権は根っこからひっくり返す。大統領は退任するや逮捕され、死刑判決を受けたり自殺したり、家族まで迫害されたケースもあるという。つまり政治は一代限り、前政権の政治の約束、流れを引き継ぐことはなく、この点だけでも、中国、韓国という国は日本人には理解できない。
 中国にとっては、海の向こうの東夷の日本が、政治でも経済でも自分をリードしているのが許せない。それがここにきて、アメリカも一目置くほどのプレゼンスとなった。靖国や歴史教科書で手にした莫大なODAは忘れても、兄としてのかつての辛酸は未来永劫、忘れない。
 前政権の否定は当然だが、外交など何もかも覆しては周囲の国も付き合いようがない。日本も先の政権交代で同じことが起こりかけ、それがこの騒ぎを誘発した一因であるのは間違いない。次の選挙では揺るがぬ国家観を持つ候補、政党を選択したい。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る