全日本東西対抗剣道 田中さんが出場

 全日本剣道連盟の設立60周年記念第58回全日本東西対抗剣道大会 (16日、 宮崎県武道館) に出場する西軍のメンバーに、 日高高校教諭の田中紀行さん (44) =御坊市塩屋町北塩屋出身、 田辺市たきない町在住、 教士7段=が決まった。 心技ともに円熟した剣士だけが出場を認められ、 国内トップレベルの実力者が東西に分かれて競い合う伝統の一戦。 田中さんは5年ぶり2回目の出場となり、 「剣道の素晴らしさを見せられるように勝負してきたい」 と燃えている。
 東西それぞれ先鋒から大将まで選りすぐりの35人が、1人1試合ずつ対決。合計の勝敗数で雌雄を決する。メンバーは各都道府県剣道連盟推薦の候補者を全日本剣道連盟会長委嘱の選考委員会で協議し、決定。出場には少なくとも6段の実力が必要で、過去の実績、技術、品位、風格など心技ともに認められた一握りの剣士にのみ白羽の矢が立てられる。東西は福井、愛知、岐阜、三重の各県より東が東軍、滋賀、京都、奈良、和歌山から西が西軍に分けられ、和歌山県は西軍のエリア。和歌山からは数年に1人しか出場がなく、今回も県内からは田中さんだけがメンバー入り。
 田中さんは塩屋小1年から市内の剣道クラブ、弘武館で剣道を始め、河南中、日高高でも竹刀を握った。東海大(神奈川県)に進学後も剣道部に所属。卒業後は教諭として南部高、熊野高などで生徒たちの指導に当たり、平成19年4月に日高高へ赴任してきてからは高校、付属中の指導者として活躍する傍ら、県剣道連盟日高支部に籍を置いて腕を磨いている。小学6年生時にハワイで開催された世界大会で3位。社会人になって以降は平成9年に全日本選手権大会出場、10年に全国教職員大会個人3位、国体出場5回の実績があり、全日本東西対抗には7段の段位を受領した19年に出場した。
 東西対抗には最高位の範士8段らの実力者がずらりと顔をそろえる。本番を前に和歌山市で行われている強化練習にも参加。戦前から始まった由緒ある一戦へ向けての仕上げに余念がなく、得意の面に磨きをかけている。
 田中さんの登場は21番目。千葉県の岩切公治さん(45)=教士7段=と対戦する。前回出場時は延長の末に惜しくも敗退しており、「今度はぜひ勝ちたい」とリベンジへ闘志。さらに「勝敗だけでなく剣道の素晴らしさ、正しい剣道を見せながら勝つということも心がけて勝負したい」と意気込んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る