防災は住民の意識改革から

 昨年3月の東日本大震災をきっかけに、全国的に防災意識が高まっている。沿岸部の各自治体では災害に強い地域づくりを掲げ、公共施設の高台移転などの対策を打ち出している自治体もある。しかし、いくら行政側で防波堤の建設や避難路の整備などを進めても、肝心の住民が「自分の命は自分で守る」という意識を持たなければ始まらない
 ▼先月30日に発表された南海トラフのシミュレーションでは、最悪で県内で8万人の死者が発生するという。だが、この数字は住民が早期に避難するかどうかで大きく変わる。死者が8万人となる条件は発生時間を冬場の深夜に設定。言い換えれば気温が低く、行動を起こしたくない状況で、早期避難が低下した場合だ。避難する時期が遅れると命に直結することもある
 ▼しかし、災害被害の発生が予想される状況で、地域の消防団らが避難を勧めて各家庭を回っても、中には「避難しない」という住民もいるそうだ。例えば、水害時では「もしもの時は家の2階に上がるので大丈夫」などと理由を付けて拒否するケースもあるという。心理的な理由はよく分からないが、「自分だけは助かる」という気持ちが働くのだろうか
 ▼先日、みなべ町で昨年の台風12号の被害を振り返える「防災の集い」が開かれた。席上ではパネルディスカッションが行われ、水害を目の当たりにした4人がパネラーを務めた。災害に対する備えで1人のパネラーが「早めに避難すること。切羽詰まってから避難するのは難しい」と言った。これはいままでも言われてきたことだが、命を守る最も有効な方法だ。防災は避難をためらうことなく、瞬時に行動に移すという住民の意識改革から始める必要がある。       (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る