いきいき長寿月間 96歳の小山さんハツラツ

 9月は県が定める喜の国いきいき長寿月間。 かつて 「アメリカ村」 と呼ばれた移民の村、 美浜町三尾には、 カナダで生まれた96歳の小山ユキエさんが元気で暮らしている。 2歳で三尾へ移り、 24歳で結婚を機にカナダへ渡り、 戦後再び三尾に戻って農業で再出発。 カナダ移民の先駆者、 工野儀兵衛が海を渡って124年、 ユキエさんの健康の秘訣 (ひけつ) は 「体を動かすこと」 で、 いまも近所の人らとグラウンドゴルフを楽しんでいる。
 ユキエさんの父、 田中六松さんと母タキさんはともに三尾の出身で、 カナダのBC州南西部、 リッチモンド市のスティーブストンに移住。 日本人移民が多く、 フレザー川のサケ漁などで発展したこのまちで、 ユキエさんは4人兄妹の末っ子として生まれ、 2歳のときに母とともに三尾へ移ってきた。
 三尾で日本人として育ったユキエさんは、 昭和13年2月、 24歳で同じ三尾の小山佐平次さんと結婚し、 3カ月後の5月には夫婦でスティーブストンへ移住。 翌年には長女、 16年には長男が誕生。 終戦直後の20年12月まで約7年半、 カナダで暮らし、 21年1月に一家で日本へ戻ってきた。
 カナダでは夫佐平次さんがサケ漁に従事し、 ユキエさんもサケの缶詰め工場などで働き、 家計を支えた。 戦争中は日本人に対する差別や強制労働はなかったが、 敵国人として沿岸から100マイル内陸への移住命令が出され、 「日本人移民は1カ所に集めて全員殺される」 といったデマに怯えたこともあったという。 戦後、 カナダ政府は日本人移民に対し、 「カナダへ留まるか、 日本へ帰るか」 の意思を確認。 終戦を機に日本へ帰る人も多いなか、 ユキエさんの家族は留まるつもりだったが、 三尾の親類に説得されて帰国することになり、 6回目の最後の引き揚げ船に間に合い帰ってきた。
 三尾に戻ってからは夫婦とも 「クワを持ったこともない」 農業で再出発。 24年には3人目の二男が生まれた。 長男は学校を出てバンクーバーへ渡り、 佐平次さんは平成2年に亡くなったが、 現在、 日本とカナダに孫が7人、 岐阜にはかわいいひ孫が2人いる。 ユキエさんは最近、 庭の草取りで腰を痛め、 グラウンドゴルフも休んでいるが、 「キャナダ (カナダ) の長男は毎週日曜のお昼に必ず電話をくれます。 このお盆には、 岐阜の孫とひ孫が三尾に遊びに来てくれました」 と笑顔。 健康長寿の秘訣を聞くと、 「いまの楽しみは、 こうして元気でいられることと、 近所の友達とおしゃべりをすること。 家の中でもなるべく動いて、 年寄りはとにかく外へ出なきゃ」 と話してくれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る