いきいき長寿月間 96歳の小山さんハツラツ

 9月は県が定める喜の国いきいき長寿月間。 かつて 「アメリカ村」 と呼ばれた移民の村、 美浜町三尾には、 カナダで生まれた96歳の小山ユキエさんが元気で暮らしている。 2歳で三尾へ移り、 24歳で結婚を機にカナダへ渡り、 戦後再び三尾に戻って農業で再出発。 カナダ移民の先駆者、 工野儀兵衛が海を渡って124年、 ユキエさんの健康の秘訣 (ひけつ) は 「体を動かすこと」 で、 いまも近所の人らとグラウンドゴルフを楽しんでいる。
 ユキエさんの父、 田中六松さんと母タキさんはともに三尾の出身で、 カナダのBC州南西部、 リッチモンド市のスティーブストンに移住。 日本人移民が多く、 フレザー川のサケ漁などで発展したこのまちで、 ユキエさんは4人兄妹の末っ子として生まれ、 2歳のときに母とともに三尾へ移ってきた。
 三尾で日本人として育ったユキエさんは、 昭和13年2月、 24歳で同じ三尾の小山佐平次さんと結婚し、 3カ月後の5月には夫婦でスティーブストンへ移住。 翌年には長女、 16年には長男が誕生。 終戦直後の20年12月まで約7年半、 カナダで暮らし、 21年1月に一家で日本へ戻ってきた。
 カナダでは夫佐平次さんがサケ漁に従事し、 ユキエさんもサケの缶詰め工場などで働き、 家計を支えた。 戦争中は日本人に対する差別や強制労働はなかったが、 敵国人として沿岸から100マイル内陸への移住命令が出され、 「日本人移民は1カ所に集めて全員殺される」 といったデマに怯えたこともあったという。 戦後、 カナダ政府は日本人移民に対し、 「カナダへ留まるか、 日本へ帰るか」 の意思を確認。 終戦を機に日本へ帰る人も多いなか、 ユキエさんの家族は留まるつもりだったが、 三尾の親類に説得されて帰国することになり、 6回目の最後の引き揚げ船に間に合い帰ってきた。
 三尾に戻ってからは夫婦とも 「クワを持ったこともない」 農業で再出発。 24年には3人目の二男が生まれた。 長男は学校を出てバンクーバーへ渡り、 佐平次さんは平成2年に亡くなったが、 現在、 日本とカナダに孫が7人、 岐阜にはかわいいひ孫が2人いる。 ユキエさんは最近、 庭の草取りで腰を痛め、 グラウンドゴルフも休んでいるが、 「キャナダ (カナダ) の長男は毎週日曜のお昼に必ず電話をくれます。 このお盆には、 岐阜の孫とひ孫が三尾に遊びに来てくれました」 と笑顔。 健康長寿の秘訣を聞くと、 「いまの楽しみは、 こうして元気でいられることと、 近所の友達とおしゃべりをすること。 家の中でもなるべく動いて、 年寄りはとにかく外へ出なきゃ」 と話してくれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る