台風12号災害から1年① 観光被害

 「やはり例年より町内を訪れるお客さんは少ないですね」。
 日高川町の公的観光施設を管理・運営する㈱共立メンテナンス日高川営業所所長の西和洋さん(58)。台風がなければ、多くの川遊びの客でにぎわっていたはずの日高川を遠目に眺める。施設への客足を左右する日高川。ドーム下をはじめとする川遊びスポットはいずれも人影は少なめ。シーズン中はほぼ満杯となる川沿いのオートキャンプ場も被害で閉鎖したのも大きい。例年の10分の1というアユ釣り客も含め川を訪れる客が減れば、温泉を中心に施設利用客も減少、町内全体の入り込み客の減少にもつながっている。 「危険と思われているようで雨予報だとキャンセルが多い。道路は復旧しているのだが、工事中でアクセスが悪いという印象がある。被災地イメージの影響が大きい」と話す。
 台風による被害で同社が管理運営する11施設すべてが一時休業となった。多くの施設は数週間で営業を再開したものの、水没や温泉の湯元流失などで高津尾の温泉館鳴滝、きのくに中津荘別館、猪谷の療養温泉館が長期休業を強いられ、営業を再開できたのは7月になってから。
 昨年度の施設利用客は前年度比約6万人、売上で約5000万円減。今年度になっても利用客、売上とも例年より約12%落ち込んでいる。荒れている河川の回復が一番の願いだが、待ってはいられない。積極的な営業やインターネット事業の充実、イベント企画などで誘客に力を入れる。特にインターネット事業は、旅行専門誌や宿泊情報誌のネットに情報を掲載、若者から高齢者まで幅広い世代が予約してくれるよう取り組む。営業面では音楽など文化方面の関係者もターゲットにできないか模索、イベントでは四季折々の企画で新たな顧客獲得を目指す。効果も表れつつあり、夏場になって少しずつ客が戻ってきた。「もっと戻るスピードを速くして、一日でも早く台風前の状態にしたい。日高川には爪痕は残っていますが、元気で楽しい日高川町をどんどん発信して被災地イメージを払しょくします」と意欲を見せる。
    ◇ ◇ ◇
 日高川町に大きな被害をもたらした台風12号襲来から間もなく1年。産業別に被災地の現状を伝える。

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る