日高町の温泉館が100万人突破

 浴室から 「海が見える温泉」 として京阪神方面の観光客らにも人気が高い日高町方杭の町営温泉館 「海の里 みちしおの湯」 が3日午後、 入館者100万人を達成した。 平成12年6月1日のオープンから約12年3カ月での大台突破。 中善夫町長はメモリアルの入館者となった御坊市内の夫婦に豪華賞品を贈って祝福したほか、 これまでの多くの利用に感謝を示した上で一層のサービス向上を誓った。
 100万人目となったのは、市内藤田町吉田382―3、串本年男さん(72)、クスミさん(70)夫婦で、午後2時20分ごろに入館。中町長から入館券100枚とクエ料理フルコースペア招待券を受け取り、町のキャラクター、クエ太郎とクーコらと一緒にくすだま割りや記念撮影に快く応じた。
 串本さん夫婦はオープン数日後から2カ月に1回程度、同館を利用しているという常連客。「景色がよくて落ち着くし、少し塩分があるところもいい」と話す年男さんは、100万人目の入館者になったことに「全然知らなかったので本当にびっくり」としばらく目を丸くしたままだった。100枚の入館券を受け取ると「もっと来る回数を増やします」と笑顔を見せ、クエ料理の招待券は「夫婦で使います」と喜びを表していた。
 中町長は「100万人目のご来館を心待ちにしておりました。これも町内外の皆さまのおかげで、お礼を申し上げたい」と感謝の意を示し、「今後も楽しんでいただける、お越しいただけるようサービス向上に努めていきます」と述べた。
 同館ではこの日の大台突破を受けて10月を100万人達成記念イベント月間とする方針。入館者5000人(先着順)に記念タオルをプレゼントするほか、干物や黒竹民芸品、入浴券、米などが当たるガラガラ抽選会も開く。7月に応募を受け付けた「100万人達成日当てクイズ」の的中者発表も期間中に行う計画。クイズには879人の応募があり、「9月3日」の的中者34人の中から抽選で10人に入館券25枚と干物の詰め合わせをプレゼントする。
 同館はオープン2年目まで10万人の入館者があり、ここ数年は5、6万人の入り込みで落ち着いている。京阪神方面の利用も多く、町民の健康増進に加え、観光振興に一役買っている。

関連記事

フォトニュース

  1. よし、これでよう見えるわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る