みなべ町長選 現職後援会が事務所開き

 9月25日告示、30日投開票のみなべ町ダブル選挙の首長選で、2選を目指す現職小谷芳正氏(62)=筋=の後援会(辻村武文会長)は28日、徳蔵地内の元スーパーⅤショップ跡で事務所開きを行った。支持者ら約500人(主催者発表)が集まって選挙戦に向けて気勢を上げ、小谷氏は「防災対策の充実、1次産業の発展などに力を入れ、安心安全な町づくりを進めていきたい」と訴えた。
 小谷氏は目指す町づくりについて語り、まず防災面は「南海トラフの大地震が発生した場合、町に襲来する津波想定は以前は5・9㍍だったが、3月の内閣府の発表で2倍以上の14・8㍍とされた。沿岸部にある保育所など公共施設は早急に高台へ移転する必要がある。高台に公共施設があれば、一時避難場所にも使える。ソフト面では避難訓練が大事。避難路の整備も進めていきたい」とした。産業については「農業では梅のブランドの強化。漁業面では漁獲物を加工し、付加価値をつけて販売する『6次化』を進めていきたい。急速冷凍できるキャス冷凍施設の活用も検討し、新鮮な状態で市場に出荷できる体制を整えたい」と構想を披露し、「健康で長生きできる安心・安全な町づくりを進める」と決意を語った。
 辻村会長は「小谷氏は4年前に当選して以来、町発展のため日々努力してきた。今回も皆さんの思いを結集し、町全域に広めていこう」とあいさつした。来賓の下宏副知事、坂本登県議会議員、日高郡町村会長の畑中雅央由良町長、小川猛町議会議長も「町の発展のために頑張ってくれることを期待する」などと祝辞した。いまのところ小谷氏以外に立候補を表明している対抗馬はなく、独走状態となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る