古川選手が日高川町で銀メダル報告

 ロンドン五輪に続き、県内では国体の各種目近畿ブロック大会が開かれており、26日には日高川町へアーチェリー男子個人銀メダルの古川高晴選手(28)が訪れ、和歌山市のビッグウエーブで開かれた体操男子には五輪銀メダルの田中和仁選手(27)が登場。県立体育館で開かれたボクシングには五輪で金メダルを獲得した村田諒太選手(26)が出場し、いずれの会場もファンがメダルを触らせてもらったり、記念撮影する光景がみられた。
 アーチェリーの古川選手=紀の川市、 近大生物理工学部職員=は試合会場の南山スポーツ公園で、 近畿各地の選手や関係者ら約200人にメダル獲得を報告。 「皆さんの頑張れという応援があったからこそのメダルです」 と感謝し、 「日本のアーチェリーを関西から強くしていこう。 次回のリオデジャネイロ五輪には一緒に出場しましょう」 と呼びかけた。
 南山は27年の紀の国わかやま国体アーチェリー競技の会場となっており、 古川さんは近大の合宿で訪問。 競技場については 「風が強くて難易度の高い会場。 ロケーションは抜群ですね」 とし、 日高川町で開催しているアーチェリー体験教室にも 「スケジュールの都合がつけば、 ぜひ指導に来たい。 緊迫感あふれる勝負ができる競技の面白さを伝えたい」 と話していた。
 体操の田中選手は、 和歌山チームのメンバーとして出場。 帰国後のイベント出演など過密日程で練習不足のせいか、 各種目とも難易度の高い技はなく、 着地ミスも出るなど精彩を欠いた。 結果は大阪が優勝し、 和歌山は5チーム中3位で本大会出場はならなかった。
 会場には各府県の応援団のほか、 田中選手を見ようと駆けつけた地元ファンも多かった。 県体操協会の小宮清理事長 (70)=美浜町和田=は 「田中選手はやはり五輪後の疲れが出たんでしょうね。 無理をするとけがにつながるので、 離れ技はほとんどなかった。 残念ながら和歌山チームの本戦出場はならなかったですが、 田中選手は後片付けが終わるまで残ってくれて、 ジュニアの選手やファンも一緒に写真を撮ったりして喜んでいました」 と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか前に進まへん…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る