心豊かにする空の写真

 和歌山市の新聞社に務めていた10年以上も前、全国高校野球選手権大会の開会式の取材で阪神甲子園球場を訪れた。この日は、筆者の誕生日で記念も兼ねて甲子園上空の空をカメラに収めた。青と白のコントラストがとても美しい空で、そのときの1枚はいまでも大切に持っている。
 この写真を撮ったのは当時、大学時代の後輩と文通をしていたから。文通は、電話やメールと違って相手への配慮があり、温かさを感じられるという理由ですることになったのだが、青空の写真を同封することを決まりにしていた。TVドラマをまねたのだが、甲子園のほか、和歌山市内で数々の空を写したが、撮る瞬間も相手から送られてきた写真を見るときもいつも爽快で晴れやかな気分になった。
 11月に日高川町で開催される星空の街・あおぞらの街全国大会のプレイベント「星空・あおぞらフォトコンテスト」の入賞者が決まった。大賞の「雲を操る少女」は天文公園から青空を写した作品。24日付で掲載したが、夢を呼ぶ少女の像が白と青のコントラストも鮮やかな空を見上げている様子が、像が生きているかのような躍動感が伝わってくる。誰もが毎日、何気なく見ている空。日々の生活でじっくりと眺めることは少なく、なかなかカメラに収めることはない。筆者もフォトコンの記事をきっかけに久しぶりに青空の写真をパシャリ。携帯の待ち受け画面にしたが、見るたびにやはり気分爽快。フォトコンでは大賞ほか、金賞、銀賞、入選合わせて7点が選ばれた。作品は青空をはじめ、ロマンチックな星空や夕焼け、明けの明星も。いずれ紙面で紹介するが、さまざまな空の表情を通して心豊かな気分になっていただけると思う。皆さん自身でも一度撮ってみて下さい。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年秋は紀の国わかやま文化祭

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る