世界少年野球 長井、嶝選手が日本Vに貢献

 世界7カ国が参加し、今月7日から21日までアメリカで開催された2012カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会で、硬式野球ボーイズリーグ中学部・御坊ジュニアタイガースの長井良樹選手(湯川中1年)と嶝(さこ)晴城選手(明洋中1年)がメンバー入りしていた日本代表が見事優勝した。2人とも代打を含めて全試合に出場し、ここ一番で適時打を放つなど打撃で大活躍。世界一に大きく貢献した。
 同大会はアメリカメリーランド州アバディーンで開催。日本代表は、ことし3月の小学部全国大会で活躍した選手ら日本のトップ15人で構成。予選リーグと、上位4チームでの決勝トーナメントを行い、最後にアメリカ代表と世界一をかけて争った。
 予選リーグで日本代表は韓国を12―1、カナダを19―4、オーストラリアを10―0、ドミニカ共和国を14―4、メキシコを11―1と全5試合ともコールド(4回~5回)で圧倒し決勝トーナメントに進出。準決勝はメキシコを6―0、決勝は韓国を7―6のサヨナラで下し、インターナショナルで優勝。最後にワールドシリーズとしてアメリカ代表と世界一をかけて激突し、17―7で下して栄冠を手にした。
 外野手の長井選手は、予選初戦の韓国戦では代打だったが、残り7試合を先発フル出場。予選のカナダ戦で二塁打と三塁打、ドミニカ共和国戦では右中間柵越えの2点本塁打など2安打を放った。外野手や投手で出場した嶝選手もカナダ戦で右翼席に放り込む2点本塁打や走者一掃の3点適時打など持ち味の長打力を発揮した。
 決勝トーナメントでも2人の勢いは止まらず、インターナショナル決勝の韓国戦では長井選手が3打数1安打、嶝選手は1死二塁から代打で適時二塁打を放つ活躍で優勝に導いた。圧巻はアメリカとの世界一決定戦。嶝選手は5番、長井選手は6番スタメン出場。1回、嶝選手が右中間突破の適時打、続く長井選手も右中間を破る連続適時二塁打が飛び出し、大事な立ち上がりで流れを一気に引き寄せた。長井選手は4回にも左中間へ適時打を放ち、終わってみれば大差で勝利した。
 7安打5打点5盗塁の成績で打率王賞も受賞した長井選手は「チームの役に立つことができてうれしい。ホームステイ先の家族に親切にしていただいてすごく感謝しています。メキシコや韓国、アメリカの選手のパワーや変化球を肌で感じて勉強になりました」、 5安打8打点2盗塁、開会式前に行われた内野手ダブルプレー賞も受賞した嶝選手は「目標だったホームランを打ち優勝できてうれしい。家族やチーム関係者のおかげです。外国の投手の変化球や緩急など勉強になったし、世界一になって自信にもなりました」と、 ともに金メダルを手に笑顔で話していた。
 御坊ジュニアタイガースの山﨑幸二代表は「よく頑張ってくれたし、世界一になったことはすごいの一言。この経験をこれからに生かし、さらに成長していってほしい」と2人をたたえていた。

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る