感動を呼ぶ力に栄冠

 日高高校箏曲部が、全国高校総合文化祭で文化庁長官賞を受賞した。昨年に続き、伝統芸能に関係する人にとっての桧舞台である国立劇場で「優秀校公演」に出演する
◆全国トップクラスの賞。それを連続して手にするのは決して生やさしいことではない。前と同じように弾けばまたもらえる、という類のものではもちろんない。エッセイなどのコンクール受賞作品を読んでも、賞を受けるほどの作品は「感心」してもらえるような技巧的なものではなく、心に「感動」を呼ぶ作品だ。そして感動を知る人だけが、人の心を打つものを創り出せる
◆同部の何よりもの力は、膨大な練習量とそれを共有してきたことによる絆。その絆は学年を超えて連綿と続き、現地にはOGも応援に駆けつけた。厳しい時間を共に過ごしたからこそ、熱い感動を分かち合える。聴く人の心を動かす音楽は、身についた技術の上にあるその心の部分から生み出されるのではないか。全国1、2位を競うレベルの演奏は、そんな境地で展開される。そこで問われる質の高さを維持し続けることが如何に困難か、想像するに余りある。「本番はたった1度だから、思いきり楽しんで弾こうと思った」とは、演奏リーダーの古田裕希子さん(3年)の言葉。やるべきことはやり尽くした、だからこそ無心に弾ける。指導の神田佐和子さんは「苦しい時間の積み重ねが、いい形で実を結んだ」と言われた
◆優秀校公演は25・26日、同部の出演は25日午後2時25分ごろ。部長の廣田絢香さん(2年)は「もっともっと練習して感動してもらえる演奏がしたい」と言っていた。その真摯な心がある限り、彼女達の弾く弦からは、聴く人の心を揺さぶる音が生まれるだろう。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る