地震体験者の話を聴かせて

 災害の恐ろしさを知り、防災意識を高めるのに最も効果があるのは、体験者の話を聴くことだろう。災害ではないが、戦争体験者の取材を通じ、戦争を知らない筆者も悲惨さ、過酷さを感じることができたのと同じことだ。防災に詳しい方々の講演を聴くことは結構あるが、体験者の言葉に耳を傾ける機会は少ない。昭和21年12月21日に発生した昭和南海地震、和歌山県内では死者269人などの資料や写真は残っているが、自分が住んでいる所では津波がどんなふうに襲ってきたのか、知っている若者は少ないのではないだろうか。
 同じく昭和南海地震で大きな被害を受けた高知県須崎市が、体験した当時の子ども107人の作文集が見つかったことから復刻したところ、著作権法にふれるとの指摘を受け、配布を取りやめなければならない事態となった。当時の鮮明な記憶を記した文集は、66年たっても多くの地域住民の心に津波の恐ろしさを伝えるはずだっただろう。住民の防災意識を高め、もしものときは人を救うかもしれない文集。ただ、同市はあきらめておらず、著作権法をクリアする方法を考えているということなので、なんとか頑張ってほしいと心から祈っている。
 9月1日は防災の日。10万5000人余りの死者・行方不明者を出した1923年の関東大震災から89年となる。機会あるごとに過去の災害を知り、教訓にして今後に語り継いでいくのは、いま生きている我々の使命である。戦争体験者同様、昭和南海地震の経験者も高齢化している。将来、地域防災リーダーになるであろう小中学生たちが、体験者の話を聴く機会を増やしてはどうだろう。      (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る