県立医大の三井さん パラリンピックへ

 29日からロンドンで開幕するパラリンピックに、 県立医科大げんき開発研究所副所長の三井利仁さん (48) が陸上競技の選手をサポートする技術総務として派遣される。 障害者スポーツ概論を専門とし、 これまでオリンピックとパラリンピックで6大会に監督・役員として参加。 今大会では陸上競技国際技術委員として、 競技のジャッジミスがあった場合の抗議をする役などを務める。
 三井さんは、 コーチング論、 トレーニング論、 障害者スポーツ概論が専門で、 現在は和歌山市本町2丁目のフォルテワジマ内にある県立医科大みらい医療推進センターの中核施設 「げんき開発研究所」 で運動療法や温泉医学、 スポーツ医学分野の研究を行っている。 4年前の北京パラリンピックでは日本人初の陸上競技国際技術委員 (ITO) を務め、 今大会は陸上競技選手の健康管理やドーピング対策などを総合的にサポートするほか、 試合ではITOとしてルール違反や選手をとりまく抗議が選手に不利にならないための判断などを担当。 先のオリンピック体操男子団体決勝で、 内村航平選手があん馬の倒立でバランスを崩した際、 国際審判団のジャッジミスに抗議をしたのと同じ役割になるという。
 県立医科大はことし7月、 日本パラリンピック委員会推薦メディカルチェック医療機関に指定されており、 今大会は日本代表選手135人全員のメディカルチェックを担当。 ロンドン五輪では三井さんと同じげんき開発研究所から、 馬渕博行研究員をアーチェリーの日本代表トレーナーとして派遣した。
 三井さんは 「選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、 裏方としてしっかり支えたい。 大会では日本選手団主将を務める土田和歌子選手のマラソンをはじめ、 レベルの高い車いす競技でしっかりとメダルをとり、 北京(27個)以上の記録を残したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る