県立医大の三井さん パラリンピックへ

 29日からロンドンで開幕するパラリンピックに、 県立医科大げんき開発研究所副所長の三井利仁さん (48) が陸上競技の選手をサポートする技術総務として派遣される。 障害者スポーツ概論を専門とし、 これまでオリンピックとパラリンピックで6大会に監督・役員として参加。 今大会では陸上競技国際技術委員として、 競技のジャッジミスがあった場合の抗議をする役などを務める。
 三井さんは、 コーチング論、 トレーニング論、 障害者スポーツ概論が専門で、 現在は和歌山市本町2丁目のフォルテワジマ内にある県立医科大みらい医療推進センターの中核施設 「げんき開発研究所」 で運動療法や温泉医学、 スポーツ医学分野の研究を行っている。 4年前の北京パラリンピックでは日本人初の陸上競技国際技術委員 (ITO) を務め、 今大会は陸上競技選手の健康管理やドーピング対策などを総合的にサポートするほか、 試合ではITOとしてルール違反や選手をとりまく抗議が選手に不利にならないための判断などを担当。 先のオリンピック体操男子団体決勝で、 内村航平選手があん馬の倒立でバランスを崩した際、 国際審判団のジャッジミスに抗議をしたのと同じ役割になるという。
 県立医科大はことし7月、 日本パラリンピック委員会推薦メディカルチェック医療機関に指定されており、 今大会は日本代表選手135人全員のメディカルチェックを担当。 ロンドン五輪では三井さんと同じげんき開発研究所から、 馬渕博行研究員をアーチェリーの日本代表トレーナーとして派遣した。
 三井さんは 「選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、 裏方としてしっかり支えたい。 大会では日本選手団主将を務める土田和歌子選手のマラソンをはじめ、 レベルの高い車いす競技でしっかりとメダルをとり、 北京(27個)以上の記録を残したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る