切りすぎたハンドルを真ん中に

 外務省が「韓国による占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠である」とする島根県の竹島。大統領の上陸、さらに大統領の天皇陛下の謝罪要求の発言は明らかな挑発的な暴挙、非礼極まる暴言であり、日本政府は断固、抗議しなければならない。
 国内支持率の低下や北朝鮮をめぐる日本の動きに対する政治的駆け引きとの見方もあるが、竹島への上陸は不法占拠をしているうえのいきなりの蛮行。当然、国際社会の批判を浴びながらも、19日には大臣までもが上陸した。この異常なまでの喧嘩の売りよう、輩っぷりはすさまじい。日本は自民党時代からの弱腰、民主党政権による日米同盟の背信がこの挑発を招いていることの自覚が必要だ。
 国民に言論の自由も人権もない異様な大国のように、政府が反日を煽るようなことはないだろうが、「独島は韓国固有の領土だ」という国民の意識は、日本人のそれとは比べられないほど熱い。互いに歴史的事実を整理しながら話し合おうにも、植民地政策や朝鮮王朝時代の駐朝公使が絡んだ閔妃暗殺事件など、屈辱的な過去への怒りも含めて韓国側は感情的な反発につながってしまう。
 日韓の歴史認識問題は、専門家が議論を尽くしても平行線に終わり、互いが納得できる到達点などありえないという指摘もある。戦後67年、日本は卑屈なまでに反戦・平和を求め、アジア諸国との関係改善に努めてきた。日本国民はこの歴史に立って、領土を一方的に占拠、侵食されようとしている露骨な脅威に対し、堂々と対抗せねばならない。独立国家として、左へ切りすぎたハンドルを右へ切るのではなく、真ん中に戻すだけのことである。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る