みんなでバルを楽しもう!

 御坊商工会議所初の飲み・食べ歩きイベント「ごぼうはなバル」は、9月22日に市内飲食店で行われる。どういう仕組みかというと、4枚つづりのチケット(前売り3000円、当日3500円)を販売。チケットは1枚で1店舗だけ使用でき、購入者は1日で4店を回ってもらう。各店ではそれぞドリンク1杯と料理1品を提供する。
 もともとバルはスペイン語の「Bar」のことで、居酒屋のような店を指す。全国的にバルの名称を使って居酒屋をはしごするイベントがブーム。県内では田辺市の「梅ぇーバル」が有名で、今月4日に和歌山市内で行われた「夏はぶんバル」も大好評となった。参加する店側にとっては新しい顧客をつかまえるチャンスで、それぞれ料理や接客サービスなど腕の見せ所ともなる。今回参加費として2000円必要だが、参加店を紹介するチラシなども作製する予定で、広告費だと思えばそれほどの出費でもないと思える。参加店の募集状況も実行委員らの熱心な勧誘活動でまずまず順調となっている。
 一方、チケットは来月上旬から販売予定で、販売目標は500セット。これがどこまで売り出せるかでバルの盛り上がりも大きく違ってくる。チケット購入者にとっては1枚750円分という固定した値段でいけるため、例えば初めてで価格の分からない店でも安心して入れる。この機会に敷居が少し高かった店の雰囲気を知るもよし、また新たに馴染みとなる店を発掘するもよし、仲のよいグループではしごするもよし。何かこの日は地域全体がお祭りムードとなるようなにぎわいを期待。将来的に田辺市や和歌山市のように口コミで広がり、他地域からも人が来るようになるには、まず自分たちが楽しむことが大切だ。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る