県警が警察犬指導手の丸山さんに感謝状

 警察犬として8年以上活躍し、ことし7月に9歳で病死したベル・オブ・テックマルヤマ号(シェパード、メス)の功績をたたえ、県警本部は17日、指導手の丸山初美さん(61)=日高川町山野=に感謝状を贈呈した。ベルは平成16年に嘱託警察犬の指定を受けてから行方不明者の捜索などで多数出動したほか、競技会で2連覇するなど優秀な警察犬だった。丸山さんは「ベルに報告します」と亡きパートナーに感謝を込めた。
 丸山さんは平成12年5月から警察犬指導手を務めており、 ベルの母親で同じく優秀な警察犬として活躍したアムール号 (シェパード)、 ベルの子どものクリス (シェパード、 8歳) の3世代3頭の指導手としてこれまで25件の出動に協力している。 中でもベルは最も多い16件の事案に出動。 対象者の歩いた経路をたどる 「足跡追及」 が得意で、 主に行方不明者の捜索で能力を発揮し、 うち2件で歩行経路を突き止めるなど成果を挙げた。 競技会でも 「足跡追及」 で常に上位入賞しており、 昨年と一昨年11月に開かれた県嘱託警察犬指導手会の警察犬競技会で見事2連覇を達成した。 丸山さんと二人三脚で歩んできたが、 病気には勝てず、 7月21日に死亡した。
 感謝状は上岡洋一刑事部長からの贈呈で、 御坊署で伝達式を行い、 楠俊樹署長が 「いつも快く出動していただいてありがとうございます」 とねぎらい、 丸山さんに手渡した。 同席した徳田太志鑑識課長も 「不明者の捜索等に協力いただきありがとうございます。 ベルの冥福を祈ります」 と感謝を述べた。
 丸山さんは 「ベルは生後間もなく、 アムールが授乳中に立ち上がったため地面に落下し、 呼吸困難になって生死をさまよったことがあった。 回復してからは、 とにかくおてんばでしたが、 集中力は非常に高かった」 とエピソードを紹介し、 「感謝状をいただくのはありがたいですが、 ベルがあってのこと。 天国のベルに報告します」 とし、 「これからはクリスが引き継いで、 捜査や捜索に協力していきたい」 と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る