紀州鉄道 西御坊駅の看板等リニューアル

 紀州鉄道発展と存続の願い込めて。 日高地方を中心に全国の鉄道ファンでつくる紀州鉄道友の会(中西哲也会長)は、西御坊駅で立派な木製看板の設置や外壁のペンキ塗りなどのボランティアを行った。同駅は旧御坊町寺内町の玄関口にもなっているが、今回のボランティアで一層レトロ感たっぷりにリニューアルされ、寺内町観光推進にも一役買いそうだ。
 友の会は平成21年4月に発足。会員50人。これまでも駅の清掃活動を行ったり、前車両の「キハ」存続活動なども行ってきた。今回は会費を活用するとともに、会員の地元製材業者や瓦店、看板店、書道家などから協力を得て西御坊駅をリニューアル。駅の出入り口横にあるメーンの看板はスギでできており、大きさは縦170㌢、横45㌢、厚さ3㌢。「西御坊驛(えき)」「昭和6年開業」「贈紀州鉄道友の会」と揮毫されている。開業当初からそのままだった屋根も一部ふき替え、色あせていた外壁のトタンも黒っぽいレトロ感あふれる色に塗り直した。会員たちは「西御坊駅は寺内町観光でもよく利用されているし、紀州鉄道の終点ということで全国の鉄道ファンが写真を撮りにきている。もっともっと乗ってくれる人が増えれば」と期待している。
 こういったボランティアに対して紀州鉄道の髙﨑能紀社長は「木目もやさしいスギの白木は、御坊の人々のまっすぐな心を表しているよう。魂魄(こんぱく)を込めた文字には、御坊の人々の鉄道に対する深い愛情と友の会の熱い思いを感じます」と感謝。さらに「鉄道は人々の心や出会いをつなぐ架け橋。鉄道に人々は時の移ろいを重ねる。鉄道は人々の生活や文化を映し、語りかける。紀州鉄道は御坊市民がつくる文化そのもの」とし、「看板はこれからゆっくりと時を刻み、御坊の歴史をさらに刷り込みつつ厚みを増すことでしょう。大切に守り育てるとともに、皆さまの足として安全運転を心がけてまいります」と約束している。

関連記事

フォトニュース

  1. クリスマスまで点灯します

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る